(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

Webshopあります。

Webshopはこちら→



思い出し旅行2002

思い出し旅行2002 ~アフリカ大陸縦断 スーダン編 その7~

更新日:

どもども~(^^)v

本日は「思い出し旅行2002」の日でございます。

前回は、

夜8時を過ぎても42℃という灼熱の電車内では暑さで意識が朦朧としたり幻覚を見たりしつつも、きっかり3日間乗りフラフラのヨレヨレになって首都のハルツームに到着。とにかく移動中は耐え凌ぐのみでした。

といった内容でしたかね(;^_^A

一応前回の内容はこちら→ スーダン その6

登場人物

・Kさん(男)・・・関西出身。当時26歳。知り合った時点で96ケ国制覇。見た目は元サッカー日本代表の岡田監督。アジア大陸横断、アメリカ大陸縦断経験者。

Eちゃん(女)・・・九州出身。当時26歳。看護師。バングラデシュのよくわからない村に1ケ月1人で生活していたという強者。アジア大陸横断済み。

Nさん(女)・・・日系ブラジル人。当時50代。関東に出稼ぎに来てブラジル人男性と結婚し離婚。この旅行はブラジルに帰るために上海から陸路で南アフリカまで行って、そこから飛行機に乗って帰国するついで。日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語が話せる。

・僕・・・当時21歳。大学休学中(4年生)。月300時間というバイト生活6カ月を経て一旦アイルランドへ。3カ月アイルランドで飲んだくれた後にエチオピアの国境の町からケニアの首都のナイロビまでの約1000kmの野生動物いっぱいの道なき道をヒッチハイクで駆け抜けたい!という理由だけでアフリカ大陸の縦断を決行中。

スーダン(Republic of Sudan)
スーダン共和国、通称スーダンは、北アフリカに位置する国家である。首都はハルツームである。エジプト、リビア、チャド、中央アフリカ、エチオピア、エリトリア、南スーダンと国境を接し、東は紅海に面している。 アルジェリア、コンゴ民主共和国に次いでアフリカ大陸で3位の面積を擁する。 ウィキペディア

公用語アラビア語、 英語

スポンサードリンク

駅到着後すぐに宿探し。暗くなると急激に治安が悪化するため

ヘロヘロの状態で夕方の暗くなる前に首都のハルツームに到着しましたが、とにかく治安の面を考えて暗くなる前に宿探しをしなければ!とヘロヘロのままいったん休憩なんてことは一切せずにいまいる場所の確認をして、

どうやって町の中心部まで行くかを皆で相談してタクシーが一番有効的な手段かな、ということになりタクシーに乗り目的の宿に着いたのですが

思っていたよりも少し値段が上がっていて、まぁエジプトから南の地域に旅行する人間が少ないので情報が変わることなんてのはこれから良く起こりますが(^^;)

 

たったの1泊数十円の違いでもけっこう後々痛手となってくるので一旦はこの宿に泊まるのを躊躇しましたが、すでに外が暗くなり始めてきたのでこちらに泊まることに。

 

しぶしぶでしたが新たに宿を探さなかったのには訳がありまして・・・

日本でもどの国でもそうですが、暗くなってからのほうが断然治安は悪くなりますよね。

 

予備知識編で書きましたが、ブラック・アフリカと呼ばれる諸国は夕方5時を過ぎると町を歩いている人が徐々に変わり始め町の雰囲気が変わります。夜8時を過ぎると歩いている人がいなくなり、車は赤信号でも止まりません。止まっている最中に強盗に車ごと襲われるからです。

夜が深くなると

 

遠くの方で銃声が聞こえたり変な叫び声が聞こえたりと、

 

このようなことがが当たり前に起こります。

 

宿探しをしなかったのはハルツームに到着して間もなく、ハルツームという街がどういったモノなのかという状況も把握できてなかったからですが、身ぐるみをはがされるのを未然に防ぐために是が非でも明るいうちに「今晩の寝床」を確保したかったという理由もありました(;^_^A

 

8日振りのシャワー

で、皆でとにかく最初に行いたかったことがありましてぇ

それは

シャワー

でした笑

なんせ最後に髪の毛はおろかお湯を浴びたのがエジプトのアスワンでしたからねぇ~・・・(;'∀') フェリー移動で1日、ワディ・ハルファ3日、電車移動で3日と・・・・

ワディ・ハルファではナイル川の水で髪を洗う機会はありましたが、流石に・・・・だったので洗わず、ワディ・ハルファと電車移動の6日間は砂嵐を毎日食らっていたので髪の毛はパッサパッサのゴアゴアで、

 

とにかく汗臭さよりも髪の毛を流したい!

 

という気持ちが強かったですね~笑

ちなみにマメ知識ですが、シャンプーって長期間洗髪をしていない頭に付けると泡が立ちません( 一一) 貧乏旅行者あるあるです笑 この時は頭だけ2回洗いました笑

スポンサードリンク 

ハルツームも暑い!!!

ハルツームではエチオピア大使館やケニア大使館にビザの申請をしに行ったり、ビザ申請に必要な書類を日本大使館に取りに行ったりと事務的なことばかりし、

というのも観光できる個所なんかなかったですし、それよりも

 

暑くてそんな気も起きなく・・・

 

日中の気温が47℃でしたからねぇ(-_-;)

 

現地人にしてみると普通の真夏の気温らしかったですが・・・・

日本大使館にはクーラーがありむっちゃ涼しく甘えさせてもらい長居をさせて頂きました(^^;) 

スーダンの人はやさしいです

暗くなると日中と雰囲気が変わり治安が悪化する、と書きましたが実はハルツームではそれほど雰囲気が変わらずむしろ暗くなってからも夜出歩いても問題のない唯一のブラック・アフリカ諸国ではないかと思うくらいでした。

食堂でご飯をしているといろいろな人に話しかけられ、仲良くなると飲み物をごちそうしてくれたり遅くまでおしゃべりしたりと、

 

人懐っこい性格の人が多かったですね。

 

差別もなかったですし。

 

僕は熱帯果樹は暑い気候のところで採れたものが一番おいしいと思っているのですが、色んな所でマンゴーを食べましたがヨルダンのもおいしかったですが、

 

段違いにスーダンのモノが美味しく、

 

街角のどこにでもあった露店のジュース屋でマンゴーは食べられて、一緒に生のジュースも飲めるのですが多いと滞在中10回はジュース屋さんに行ったりと、

イロイロな国に行きましたが日本を除くと、果物はスーダンが一番美味しかったですね(^^) またあのジュースを飲みに行きたいくらいです笑

 

というわけで今日はここまでで・・・

次回は、

灼熱のスーダンから一気に標高の3000mのエチオピアに入ります。

 

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ショウタロウ

巨大NGOの下部組織で事務職という名の雑用をこなした後に、まったくの未知の業種だった園芸を知識、経験、そして資金もほぼ0の状態から始めた元バックパッカーです。

⇒もう少し詳しいプロフィールはこちら

-思い出し旅行2002
-,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.