フィリペンドゥラ

フィリペンドゥラ 分類 多年草(宿根草) 植物

2020/2/14

フィリペンデュラ ウルマリア やや黄色がかった白花です。八重咲きのフローレ・プレノについても。

どもども~(^^)v 淡い黄色がかった白花で葉がイチゴの葉のような形をしているフィリペンデュラ・ウルマリア(Filipendula ulmaria)についてです。 育て方や性質、八重咲のフローレ・プレノ(Flore Pleno)についてもまとめました。 メドウスイートと呼ばれることもあります。昔からハーブとして使用されていた歴史があるようです。 関連記事 フィリペンドゥラ・ブルガリス (フィリペンデュラ・ブルガリス)の和名はロクベンシモツケですがシモツケの仲間ではありません。 画像とデータ @ 軽井沢レイ ...

フィリペンドゥラ・ブルガリスの花です。

フィリペンドゥラ

2018/12/22

フィリペンドゥラ・ブルガリス (フィリペンデュラ・ブルガリス)の和名はロクベンシモツケですがシモツケの仲間ではありません。

どもども~(^^)v  今日は草丈の出る白花です~ 画像とデータ 学名:Filipendula vulgaris 別名:ロクベンシモツケ 分類:バラ科 原産:欧州~中央アジア 形態:耐寒性多年草 耐寒性:USDA 4(-34℃前後) 花期:晩春 フィリペンデュラ・ブルガリス、和名はロクベンシモツケと言います。シモツケという和名が付いてますがキョウガノコの仲間になります。 原産地では石灰質で草原のような場所に多く自生しているようです。フィンランドにも自生しています。 草丈は花芽が上がる時期は1mほど、株張り ...

© 2020 伊藤章太郎