ペチュニア

春から長いと霜が降りるまで活躍してくれる花壇苗の代表格についてです。

ペチュニアはよく1年草と言われていますが、-6℃ほどの耐寒性を持ち合わせている種類もあり、

また大輪や小輪、八重咲ももちろんあり豪華さも兼ね揃えているため使用用途がたくさんありいろいろと使い勝手の良い植物です。

基本的に陽射しがよくあたる場所(5時間ほど)を好み、風の通りの良いところでしたら育ちますが、

水持ちのよい土壌では生育は悪くなります。同じように水のやりすぎも枯らす原因となりますので注意してください。

ペチュニアの切り戻し方法について

こちらはペチュニアの切り戻しだけにフォーカスした、切り戻しに特化した内容になります。

たち性もはい性というかサフィニアのようにドーム形になるものなど、ペチュニアは全般的に切り戻し方は同じ方法で良いです。

詳しくは下記に。

スポンサーリンク




ペチュニア 湘南ヴェルデ 

ガルテン湘南さんが2016年より販売が開始された「湘南ヴェルデ」という数種類の八重咲のペチュニアについてまとめてあります。

2015年の秋に紹介されていて翌年の春に初めて市場に出荷されました。

詳しくは下記に。

スポンサーリンク




ペチュニア・エクセルタ

1987年にブラジルの一部地域で発見され、それ以後生存が確認されなくなってしまい、絶滅種認定されましたが、

2007年に14株だけ自生しているのが「再発見」されたという幻のペチュニアの耐寒性などについて書いてあります。

詳しくは下記に。