エキウム

echium wildpretii

エキウム 一年草・二年草 植物

2020/7/26

エキウム ウィルドプレッティ 育て方。赤い花の巨塔を見る方法は〇〇の時期に水やりを控えること!

どもども~(^^)v エキウム・ウィルドプレッティ(Echium wildpretii)の育て方。夏越しや冬越しなど攻略方法です。 エキウム=高温多湿に弱い、ということを多くの人に印象付けたエキウムだと個人的に思いました。   しかしそれでも死ぬまでには一度は実際の「巨大な赤い花の塔」を見たいということで栽培に挑戦した、もしくは現在進行形で行っている人は決して少なくないと思います。 赤い花も魅力的ですが、白く細長い異形な葉も園芸好きにはたまらないのではないかと思います。 この記事はそんな情熱を持 ...

echium simplex at Japan

エキウム 一年草・二年草 植物

2020/7/15

エキウム シンプレックス 白花です。白っぽく光沢のある葉もなかなか良いです。

どもども~(^^)v 白花のエキウムのシンプレックス(Echium simplex)の育て方です。 青色や赤色の花の植物という印象が強いエキウムの中では数少ない白花種です。 白い宝石の塔が立ちます。   木立にならずキャベツや多肉植物のエケベリアのように葉を地面に近い位置で展開し、開花時期になると花茎を1つ立ち上げます。 白い花も特徴的ですが、光沢のある白みがかった葉も魅力的です。鉢植えでお庭に配置してもカラーリーフとして使用しても良いかなと思います。 画像とデータ 花に水色の線のような模様が入 ...

エキウム 多年草(宿根草) 植物

2020/6/8

エキウム・ウェビー (Echium webbii) シルバーグリーンの葉と独特な青い花がとっても魅力的。比較的小型なのも〇。

どもども~(^^)v 木立性エキウムの中では小型のエキウム・ウェビー(Echium webbii)の育て方について。 手元の株が少なく数を減らしたくなかったので年中屋外放置での寒さ実験は行えず、そのため具体的な耐寒性は把握できてないですが実生から開花まで見られたのでそれ以外はほぼ把握できました。 光沢のあるシルバーグリーンの葉と独特な青い花がとても魅力です。 画像とデータ 雄しべは赤いです。 学名:Echium webbii 別名: 分類:ムラサキ科 原産:カナリア諸島 形態:非耐寒性多年草 耐寒性:US ...

エキウム・ブルガレの花です。

エキウム 一年草・二年草 分類 植物

2020/2/14

エキウム・ブルガレ 和名はシベナガムラサキ。濃いめの青花が綺麗です。こぼれ種でよく増えます。

どもども~(^^)v 意外に「隠れファン」の多いエキウムですが、流通量が少いこともあり耐寒性や雨の多い日本の夏や高温多湿が心配でいまだ手を出していないという人でも、比較的に育てやすいのがこのブルガレです。 育てやすい、というか外来種として日本国内でも定着している地域があるくらいです。意外と開花時期の春にお住まいのそこら辺で咲いてる可能性があったりします。 二年草ですが、温室やコールドフレームなどの防寒・暖房施設がある場所でしたら年明けに種を播いても年内に咲くことがけっこう多いです。 スポンサーリンク 画像 ...

花色が薄いエキウム ファスツォスムとも呼ばれるカンディカンス

エキウム 植物

2019/4/22

憧れのエキウム・カンディカンス 。耐寒・耐暑性、育て方など7項でまとめました。別名はファスツォスムです。

どもども~(^^)v 今日は鮮やかな青花のエキウム・カンディカンス についてになります。エキウム・ファスツォスムとも呼ばれることもあります。 あの鮮やかな青花に憧れを持っている人は多いのではないでしょうか。 耐寒性は-3℃ほどあるので都市部などでは露地越冬しますが、いくつか注意することがあります。 画像とデータ 実物はもっと濃い青花です。 学名:Echium candicans 別名:宝石の塔、マデイラの誇り 分類:ムラサキ科 原産:マデイラ島(ポルトガル) 形態:耐寒性多年草 耐寒性:USDA 9b(- ...

エキウム 植物

2018/8/3

赤花のエキウム・ルシカムは耐寒性に優れています。 植えっぱなしOKで育てやすいです。

どもども~(^^)v 今日は耐寒性に優れ育てやすい赤花の比較的に小ぶりのエキウムについてです。 画像とデータ 学名:Echium russicum 別名:ロシアの牛の舌 分類:ムラサキ科 原産:トルコから北ロシア 形態:耐寒性多年草 耐寒性:USDA 6a(-23℃前後) 花期:春 エキウムはよく「宝石の塔」と呼ばれますが、赤花のルシカムはまさに「赤い宝石の塔」です。 耐寒性に優れ、高温多湿の愛知県西部でも問題なく夏越ししますが、やや短命な多年草です。僕の経験では3年目くらいで枯れるかなっという印象があり ...

© 2020 伊藤章太郎