(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎が植物のことを中心に綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

イソプレクシス

イソプレクシス・イサベリアナ 開花

イソプレクシスは全4種からなるオオバコ科の多年草です。

ジギタリスと姿恰好が似ていますが、親戚に近い間柄です。

アフリカ大陸の西部、モロッコと西サハラ沖に点在しているらカナリア諸島に自生しています。

エキウム・カンディカンスやアエオニウムなどの自生地でもあるマデイラ島に1種類(スセプトルム I.sceptrum)、残りのカナリア諸島に3種類(カナリエンシス I.canariensis、チャルカンサ I.chalcantha、イサベリアナ I.isabelliana)が自生しています。

島という限られた場所にわずかながら分布しています。

自生地域が狭く数も多くなったせいか、上記の4種ともにどれもが自生地で絶滅が危惧されています

イソプレクシス・イサベリアナについてはこちらへ。

イソプレクシス・イサベリアナの花

イソプレクシス

イソプレクシス・イサベリアナについて。カナリア諸島原産です。ジギタリスの親戚的な立ち位置ですが寒さには強くないです。

どもども~(^^)v ジギタリスに花も姿もなんとなく似ているイソプレクシスのイサベリアナについてです。 「オレンジ色の花」は品種改良された園芸種には多いですが、原種の割になかなか鮮やかなオレンジ系の花 ...

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2019 All Rights Reserved.