"/>

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ



ユーフォルビア 植物

ユーフォルビア・カラキアスのまだ国内に導入されていない品種などについて綴ってみた。

更新日:

どもども~(^^)v

 今日は得意分野です~

画像とデータ

スポンサードリンク



  • 学名:Euphrobia characias
  • 別名:
  • 分類:トウダイグサ
  • 原産:ポルトガルからトルコにかけて(地中海沿岸諸国)
  • 形態:耐寒性多年草
  • 耐寒性:USDA 7b(-15℃前後)
  • 花期:初春

個人的に「キモかっこいい」と思っている草花系のユーフォルビアですが、原種のこのカラキアスは一番代表的ではないかなと思います。

高温多湿にも強く寒さにもわりかし強いので育てやすいですし。草丈は2m前後、株張りは1mほどを目安に。上手に育てると3mほどの高さにできます(知り合いの人が3mの高さを超えるまで伸ばしたことがあります)。

原種のカラキアスの特徴

原種のカラキアスの特徴ですが、

  • 苞(花と認識されている部分が)の咲き始めがブラウン色で、徐々に黄色がかってくる
  • 草丈が2mほどになる。
  • 葉色は緑色が強い
  • こぼれ種で増殖しやすい

ウルフェニーとよくどっちかどっちかわからない、と尋ねられますが近々カラキアスとウルフェニーとの決定的な違いを書こうかと思います。なんにせよ上の4つが当てはまればそれは原種のカラキアスです。

カラキアスはイロイロな種類があります。

カラキアスはホントに種類が多く、斑の入り方や葉色の濃淡、苞の色の違いなどでけっこう細かく分けられていて何がどう違うかは実物を見て比べないと判別しずらいですが、

  • ブラックパール
  • ブルーヒル
  • ラムブルックゴールド
  • グレイシャーブルー
  • テルマズ ジャイアント
  • シルバースワン
  • タスマニアンタイガー
  • バローシルバー
  • エンマーグリーン
  • ジョン トンムリソン
  • ハンプティダンプティ
  • ウルフェニー
  • ペリーズウィンターブラッシャー

などなど、まだ他の種類も存在していると思いますがざっとこれくらいはあります。日本国内で流通している品種はまだまだほんの1部です。

英国王立園芸協会に登録されている品種にはカラキアスから派生した種だけで35種類はあるようですが、僕もまだネットでしか見たことがない種類がたくさんあります。

ブラックバードなどは交配種なのでここには入れてません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




倒れるので支えが必要

咲く前のツボミの状態もけっこう好きです(^^)

育て方や切り方、肥料などは以前まとめたのでこちらをご覧いただければと思います。→ 切り方について肥料を与える時期

知り合いでこのカラキアスを3mの高さにした人がいますが、特別な事をしなくても苗を植えて2年後くらいには1mの草丈になり株の張りも広がり・・・とけっこう上にも横にも広がります。

またユーフォルビアは基本的に頂芽に花が付きますので、しかもけっこうボリュームがありますので株がある程度の大きさになり花も大きくなってくると

 

倒れることがよくあります。

 

倒れたからと言って株が枯れるわけではないですが、倒れた先に何か植れられいたり通り道を塞いだりすることがあるのでヒモで起こしてやると良いでしょう。

ヒモではなんか味気ないですっという方には、半円の形をしたスタンドアップガードと言って、キクやユリなど背が高くなり花が大きいため倒れてしまう植物を支える便利な道具がありまして・・・

しかし手元に画像がないのでAmazonとかで画像を見て頂きたいのですが、

 

上部の半円になっている部分に茎を集めてもたれかかせる、というものです。

緑色の支柱を使うのにはちょっと・・・・という方にオススメです。

もちろんカラキアスにも使用可ですよ(^^)v

最後に。大きくなって1つの紐に縛られ集められた'ブラックパール'です。上のスタンドアップガードはこの画像のように「まとめて、立たせる」時に重宝しますよ(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

スポンサードリンク



 

というわけで、今日はユーフォルビア・カラキアスでした

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Webshopはこちら→

スポンサーリンクと関連コンテンツ



-ユーフォルビア, 植物
-, , , , ,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.