"/>

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

Webshopあります。

Webshopはこちら→



フロミス 植物

フロミス・サミア 木立性ではありませんがピンク花のエルサレムセージのようなものです。 枯れ姿も良いです。

更新日:

どもども~(^^)v

 今日はピンク花のエルサレムセージです~

画像とデータ

  • 学名:Phlomis samia
  • 別名:ギリシャのエルサレムセージ
  • 分類:シソ
  • 原産:中近東、バルカン半島(旧ユーゴスラビア)
  • 形態:耐寒性多年草
  • 耐寒性:USDA 6(-23℃前後)
  • 花期:春

英名はGreek Jerusalem Sageと言いますが、これを直訳すると

「ギリシャのエルサレムセージ」

という

え?ギリシャなの?エルサレムなの?どっちなの????

とツッコミを入れたくなるフロミス・サミアです。

1714年にはチェルシーガーデンにて栽培されていてチェルシーから各地に広まっていったという記録がある実は「古い」植物です。

草丈は1.2m、株張りは60cmを目安にしてください

上の画像はいつもお世話になっているアルムさんのお宅の株です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




基本的に黄色花のフロミスと同じです。

フロミス・サミアの花の部分を拡大してみました(^^)

黄花のフロミス・フルチコーサ、エルサレムセージと呼ばれているフロミスと基本的にフロミス・サミアは扱いは同じで良いです。

見た目も花の色だけが違うのでは?と思うほど似ています。

ですが木質化するのはフルチコーサの方が早く半木立性になるのに対し、サミアのほうはフルチコーサほど暴れるくらい広がったりはしない印象があります。

あくまで個人的な感想ですが。

フルチコーサもサミアも共に暑さにも寒さにも強く冬期はほぼ地上部分の葉をなくした状態で越冬します

多湿に弱いと言われていますが一度根付いてしまえばその後はそれほど気にしなくて良いです。

日光も1日5時間くらいあたる所であれば十分に育ちます。

乾燥気味で十分に育ちますしね。

なかなか枯れない印象がとても強いです(^^;)

気を付けることは

他の植物と混植し密生すると株が蒸れて枯れることがあります。また水のやりすぎ注意です。

中近東原産の植物は総じて「蒸れること」「根腐れ」に対してはそれほど強くないですからね。

あまり神経質にならなくても良いですが、一応植えたり育てたりするときはこれらを意識されると上手にいくんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




葉の違い

ポット苗の状態でも葉の見た目や白っぽい線毛に葉が覆われているところなど、フルチコサと似ています。一応はF.fruticosaF.samiaという別モノなんですがね(^^;)

ちなみに上の画像はフロミス・チューベローサですが、ポット苗の状態からもう葉の形が違います。株元からスッと伸びていく葉の展開の仕方も違います。チューベローサに関しては2m近くになるので別種ではないかな?と思うくらいその後の生育具合も違いますが笑

あ、フロミス・チューベロサはこちらへ→「違い」を作れるフロミス・チューベロサ

スポンサーリンク

スポンサーリンク




フロミス・サミアは数多く流通している植物ではないですが、チューベローサのように2mほどの大株になったりせず、

暴れまくるというほど生育スピードでもないので気を遣わなくても育てられますのでいかがでしょうか(^^)

スポンサードリンク



 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




というわけで今日はピンク花のエルサレムセージのフロミス・サミアでした~

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-フロミス, 植物
-, ,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.