(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

Webshopあります。

Webshopはこちら→



オステオスペルマム

オステオスペルマム全般の耐寒性や育て方について。-5℃を下回ると露地での冬越しはやや厳しいかも。

更新日:

どもども~(^^)v

いつもは1つの品種を掘り下げますが、今日は珍しく「おおまかにざっくり」です~

画像とデータ

オステオスペルマム ブルーアイズビューティー

オステオスペルマム ブルーアイズビューティー けっこう好き(^^)

  • 学名:Osteospermum 
  • 別名:アフリカキンセンカ
  • 分類:キク
  • 原産:主に南アフリカ
  • 形態:耐寒性多年草
  • 耐寒性:USDA 9a
  • 花期:春、秋

オステオスペルマム・・・・けっこう好きなんです。

けっこう?

いや、かなり好きです^^; どういう訳か 笑。

地域差

なんでか・・・このような派手な色あいでも好きなんですよね~

なんでか好きなオステオスペルマムですが、園芸を始めたばかりの頃に仕入れで訳もわからずあっちこっち行っている時に、

愛知県内でオステオスペルマムが群生している地域がありどう見ても植えて数年経過している株でした。

アレ?!オステオスペルマムって植えっぱなしで育つの?

と不思議に思い・・・・その場所はその後数年の間はよく通った道で、毎年開花を確認しては「あ、今年もあるわ 笑」と思いながらその脇を抜けるのが楽しく・・・。

というのも僕が住んでいる地域では春先に植え込みかなり株を立派に育てても露地植えにして冬越ししたことがなく・・・・というか不可能でしてね。

それから数年が経ち、ところどころで

「(〇〇市にて)明らかに植えて数年経ったオステオスペルマムだな、これは」

「群生してた株が今年の雪のせいかなぁ~溶けてなくなってる・・・・」

など見かけるたびに「この場所はイケるんだ」とか「この辺りでは見かけないなぁ~」などなど、

その存在が気になりながら、日々過ごしてました(^^;)

ある意味、

色々な場所でオステオスペルマムをストーキングしてました、ハハハ(^^;)

そんなことを考えて過ごしているせいか、

おおまかですが

オステオスペルマムの耐寒性が掴めた

のでまとめてみようかと思いましてね。

耐寒性について

まずは当ブログの耐寒性についてですが、

「この植物は耐寒性がある」とか「〇〇国原産だから非耐寒性だ」

とか

あいまいなものではなく、何年か前に地域ごとに精巧に寒さによりゾーン分けした地図を用いてまとめましたので、耐寒性についてはまずはこちらをご覧ください↓

植物の耐寒性とは。耐寒性があるとか多年草だから強い、一年草だから弱い、ではなく具体的な数字で言おう!

どもども~(^^)v 今日は一度はっきりさせたかったことをまとめてみました。 耐寒性の定義とはこのような内容になってます1 耐寒性の定義とは2 なんで数値化しないのかな?3 愛知県でもこんなに差があり ...

続きを見る

あなたのお住いの地域はゾーンで言うと何番かな?!

9とか8の地域の人が多いんじゃないかな~

スポンサーリンク

スポンサーリンク




冬越しできない例

オステオスペルマム 雪

雪はアウツ・・・・の場合が多い

 

さて、文章よりも画像の方がわかりやすいと思いますので以下をご覧ください。

品種はオステオスペルマムのミスティーのシリーズです。4月末頃に植え夏を越えて冬を迎えた株です。

上の雪が積もった画像は1月上旬、下の画像が3月中旬、と約2カ月の差がありますがこの間に雪に降られたのが5~6回ほど。

1月と2月はほぼ毎日霜が降り風を遮るモノが皆無の場所です。風を遮るものがないので日当たりは抜群に良いです。

雪が積もった週は最低気温が-5℃前後が4日続きました。しかも数歩先には川があります。

このような状況下ではおそらくどの種類のオステオスペルマムでも越冬できないでしょう。溶け落ちたのでいくつか抜いてあまったハボタンを空いたところに植えました 笑。

続いて

5歩ほどしか離れていないほぼ同じ場所ですが、オステオスペルマムのブルーアイズビューティーの場合も・・・

残念・・・・こちらもアウツ・・・・・orz

ですよね~一目瞭然ですよね~という見事な枯れっぷり(-_-;) 5歩で環境が変わるわけないですよね~

スポンサードリンク



冬越ししてる例

愛知県豊明市某所にて。5年経過株のようです。

 

上の画像は雪や寒さで枯れた僕が住んでいる場所から車で30分くらい海の方に向かった豊明市某所なんですが、

植えて5年ですって。

植えた本人もまったく気にもかけてない、と言ってました(-_-;)

後ろに建物があり風はそれほど当たらず、南向きなため年中日当たり良好、と優良物件を紹介してあるチラシなんかに書いてあるフレーズが並びますが、

5年も露地で生育できているのには環境的な要因の方が大きいかなっと。

車で30分ほどしか離れてない場所ですが、こちらの地域は冬季に路面凍結の心配や霜柱が出来ることがあまりなく、

僕が住んでいる所とは体感的に3~4℃違うんじゃないかな、と思ってます。

豊明市内や隣の市の刈谷市なんかでは大きく育ったオステオスペルマムを見かける機会が多いので、

露地植えできる地域はこの辺りの地域のような環境、耐寒ゾーンでいう所の濃い緑色の9aの地域がオステオスペルマムが越冬できるかどうかのボーダーになるんじゃないかと思います。

ちなみに僕の住んでいる地域は薄い水色の8bとして割り振られています。

スポンサードリンク



結論

結論として、

  • -5℃以下になる環境では露地越冬は不可能。
  • 品種による耐寒性の優劣はそれほど差がない気が。
  • 耐寒ゾーン的には9a(濃い緑色)の地域なら高い確率で露地植えしても越冬できるでしょう

といった感じでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

スポンサードリンク



というわけで今日はオステオスペルマムでした~

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ショウタロウ

巨大NGOの下部組織で事務職という名の雑用をこなした後に、まったくの未知の業種だった園芸を知識、経験、そして資金もほぼ0の状態から始めた元バックパッカーです。

⇒もう少し詳しいプロフィールはこちら

-オステオスペルマム
-

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.