"/>

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ



お知らせ

お知らせ

● 10/17(火)に行われる講習会についてはこちらをご覧ください ➡ 元英国王立園芸協会職員による講習会について

バーバスカム 植物

バーバスカム 'シックスティーン・キャンドル' について。基本的に放置プレイで勝手に育ちます。

更新日:

どもども~(^^)v

 今日はバーバスカムの'シックスティーン・キャンドル'についてです~

画像とデータ

スポンサードリンク



  • 学名:Verbascum chaixii 'Sixteen Candles'
  • 別名:イラクサのような葉のモウズイカ
  • 分類:ゴマノハグサ
  • 原産:南欧主~中央ロシア
  • 形態:耐寒性多年草
  • 耐寒性:USDA 5(-28℃前後)
  • 花期:春

光沢のある黄色、金色っぽい花びらの中心部が紫色が入り2cmほどの小さい花ですが鮮やかな色をしています。

敬遠されがちな黄色花ですが個人的にはあまりうるさく感じず好きです。草丈、葉張り共に最大で1mほどになります。

基本的なことは同じです。

結論から言うと、'シックスティーン・キャンドル'は’ウェディング・キャンドル’とまったく同じ扱いでOKで、

特にこれと言って

「'シックスティーン・キャンドル'ならではの何か」

というものがあるわけでもなく・・・・。

同じように冬は地上部がほぼなくなり、高温には強いけど多湿には弱いので植える所は水はけを良くしておくなり、風がよく通る場所であったり、水が抜けにくい場所を避けるなり、

といった具合でして・・・・(^^;

当たり前と言ったらあたりまでですが、なんせ品種違いというだけで'ウェディング・キャンドル'とは単なる色違いですからね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




こぼれ種でも増えます

山梨県の某空き地にいた「野良'シックスティーン・キャンドル'」です(^^;)

'ウェディング・キャンドル'との唯一の違い、というわけではないですが僕の住んでいる愛知県西部ではこの'シックスティーン・キャンドル'は上の画像のようにこぼれ種で増えて「野良化」はしたことはありません。

たまにお庭の中でこぼれ種で増えたの~という株を見せてもらうことはありますが。

しかしながら標高が高かったりし涼しく、真夏の名古屋のように強烈な高温多湿のような気候ではない地域では上の画像のように道路の隅に溜まった土なのか細かい枯れ葉の集まったところからでも発芽します。

もちろんちゃんとした土のある場所では

このような感じでガッツリ増えます(^^;

育て方

暖地だと1株が大きく育つ程度です。

暖地では植えた株がただ単に大きくなるだけですが、他の地域ではこぼれ種での自然増殖しやすいので必要のないところや生えてきては困る場所から生えてきた芽は間引きするなりしたほうが賢明なような気がします。

なんせ花が咲く時期は高さが1mほどになり株張りも生育が良いと1mを越えますからね(-_-;)

植える場所によってはこのバーバスカムの葉が覆いかぶさることで、他の植物の生育に支障が出る可能性があります。

 

高温多湿に弱いとよく言われますが、'ウェディング・キャンドル'と同様に'シックスティーン・キャンドル'もそれほど難なく高温多湿の地域の真夏を乗り切ってくれます。その代わり上の方に書いたことには気を付けてくださいね(^-^;

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

スポンサードリンク



というわけで、今日はバーバスカム’シックスティーン・キャンドル'でした

ではでは~(^^)v

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Webshopはこちら→

-バーバスカム, 植物
-, , , ,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.