(新)ショウタロウブログ

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

思い出し旅行2002

思い出し旅行2002 ~アフリカ大陸縦断 タンザニア編 その4~

どもども~(^^)v

本日は「思い出し旅行2002」の日でございます。

前回の内容

前回は、

33時間の連続したバス移動の後、キリマンジャロが目の前に見られる宿で数日静養しタンザニア最大の都市・ダルエスサラームに向かうのですが、バスのタイヤが2回パンクしたりし予定到着時刻より6時間ほど遅れまさかの治安が格段に悪くなる暗くなってからの到着・・・・身ぐるみを剥がされる覚悟を持ちつつ方向感覚もまったくないがまま進み、なんと直感で泊まりたい安宿に到着できた、

といった内容でしたかね(;^_^A

前回の内容はこちらです↓

思い出し旅行2002 ~アフリカ大陸縦断 タンザニア編 その3~ - (新)ショウタロウブログ
キリマンジャロの麓の町・モシを出てダルエスサラームへ向かうのですが、乗ってるバスのタイヤがパンクしたりして、まさかの真っ暗になってからの危険な時間にダルエスに到着してチビりそうになった話です。

それでルワンダからは1人になりましたので、登場人物は基本的に当面は僕だけになります。

1人になりましたので、やや内容も変えました(^^;)

登場人物紹介

・僕・・・当時21歳。大学休学中(4年生)。月300時間というバイト生活6カ月を経て一旦アイルランドへ。3カ月間毎晩アイルランドで飲んだくれた後にエチオピアの国境の町からケニアの首都のナイロビまでの約1000kmの野生動物いっぱいの道なき道をヒッチハイクで駆け抜けたい!という理由だけでアフリカ大陸の縦断を決意し、

とても興味があった世界三大瀑布のビクトリア・フォールズ、ルワンダの虐殺記念館に向けて一人でアフリカ大陸をブラブラしてます。

タンザニア連合共和国、通称タンザニアは、中央アフリカ東部の共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、ザンビア、マラウイ、モザンビークと国境を接し、タンガニーカ湖対岸にはコンゴ民主共和国があり、またインド洋に面する。 ウィキペディア
国番号+255
通貨タンザニア・シリング
人口4925万 (2013年)
公用語スワヒリ語、 英語

スポンサードリンク

ダルエスをブラブラ

確か11月の10日前後くらいにダルエスサラームには到着しました。首都はドドマという内陸部の都市ですが、タンザニアというとやはり最大の都市・ダルエスサラームでしょう。大使館や大手企業の本店や本社がありましたしね。ちなみに僕はドドマに行ったことがありません(^^;)

ダルエスサラームの宿についてはエジプトの世界三大日本人宿で読ませてもらった「情報ノート」にも2002年当時に流通していたガイドブックに載っていない地域を「通称・エルビス」という方がくまなく訪れ情報をまとめた「エルビス・ノート」にも

「ダルエスに行ったら安宿にしてはややお高いYMCAに泊まったほうが良い。理由はドロボウ宿が多いから」

と書かれていたのでYMCAに迷わず決めました。

ガイドブックとして重宝したオーストラリアの出版社のLonely Planet Africaの情報に頼ってましたが、ロンリープラネットにもダルエスの宿情報には盗難の多い宿として紹介されている所が多かったなぁ~と。

こう書きながら懐かしいな、と思ってしまいましたがエルビス・ノート。2002年の時点で6年ぐらい一度も帰国せずに放浪してる人でしたね~(笑) 書き忘れましたが、エチオピアでは99年に日本を出て3年帰国せず放浪している人に会いました。この人はン千万円の旅行資金が尽きたらどこかで野たれ死ぬ、と言われてましたね。

こう言ってはなんですが、こういう生き方にいまだに憧れがあります。

ダルエスサラームは大通りと海の位置を覚えてしまえばすぐに覚えられる都市で、次の日に昨夜自分がどこからどう来たかを歩いて確認したのですが、

思ったよりバス・ターミナルからYMCAまでは距離がなく、と言っても大人の足で歩いても30分くらいかかりましたが。

ダルエスの印象は海に近いせいなのか標高が一気に下がったせいかとにかく暑く、そのせいか大通りには人通りが多い割に一歩裏道に入ると人気がなく、真昼間は人が町にはそれほど多くなく涼しい時間になると人通りが多くなる、と言った感じでした。

隣国のケニアとは真反対の印象でしたね。

また都市部ということもあってか、港町ということもあってかネットカフェがお値打ちでさらに回線も落ちたりすることもなく暑いお昼の時間は宿で横になるかネットカフェに行く、という生活を滞在していた数日間してました(笑)

いざザンジバルへ

現在園芸を生業としているくせに、当時から山よりも海好きな人間で「島」が好きでアイルランドでLonely Planet Africaかなり早い段階から

「行ってみたいな」

と思っていたザンジバル島。

海上レストラン・the Rock で有名な島です。

町ごと世界遺産のストーンタウン。看板のフラミンゴ・ゲスト・ハウスは僕がザンジバル島にいる間泊まっていたところ。ザンジバルには5日だったかな~滞在したの。

ダルエスからフェリーで島について港を出てすぐにものすごい数の客引きにまとわりつかれて、土地勘がまったくないのでこの宿まで到着するのに歩いて1時間くらいかかり(ストーンタウンは迷路みたいな町なので土地勘がないと必ず迷います)、その間ずっとまとわりつかれましたからねぇ(-_-;)

ここの客引きはいろいろな国で「客引かれた」立場として2番目に「しつこくまとわりつかれた」客引きでした(-_-;)

海好きとしてザンジバルに来た理由が、

写真がアレですが、船が浮いているように見えるほどの透明度の高い海水!

写真に写ってる木の船は確か現地名がある伝統的な船で、ちょうど漁をしているところに遭遇できました。もちろん泳げます。

時間が止まるっていうんでしょうかねぇ~海外に行くといつも時間の流れがゆっくりですが、特にこのパジェというザンジバル島の端の砂浜は時間が止まっている感覚に陥りました。

ザンジバルは治安が良いので、真っ暗になる直前までこの砂浜にいて宿に戻ったのですがピックアップトラックの運ちゃんから

「これ、今日の最終便なんだよ。」

と言われた時にはビックリしましたが(^-^;

他ブログですが、僕と同じバックパッカー視点で上手くまとめられる方がいらっしゃったのでザンジバルの詳しい情報はこちらで。

アフリカのリゾート地・ザンジバル!欧州の裕福層が大絶賛するまだ知られていない島。訪れる価値あります!
こんにちわ、tamebloです。 先日書き綴りましたバックパッカーの持ち物をまとめて以来、自分の中での「旅行魂&

スポンサードリンク

いざマラウィへ

ザンジバルからダルエスに戻り、またYMCAに宿を取りゆっくりせずその足であのバス・ターミナルへ。

バス・ターミナルへ行った理由は次の目的地のマラウィに行くためで、タンザニアからマラウィへは陸路でバスか電車がありますが、

この時は一人で行動してため電車だとトイレやなんかで席を離れるときに荷物を盗まれる可能性があったため、バスで行こうと思ったんですよねー。

で、

マラウィまで行きたいんだけど、行ける?

と長距離専門窓口で聞いてみると、

「週に2便だから・・・・あ、運が良いねー!明日出発だよー」

と言うことでチケットを購入。

そしてまたもやタンザニア国境からキリマンジャロの麓へ行く時と同じように距離があるのは知っていたので一応聞いてみた。

「どれくらいかかる?」

そしたら

24時間くらいかな~・・・・・たぶん。

・・・・正直24時間で着くのか?と思いましたが・・・・・・長い居したYMCAの受付には次の日は朝が早くに出発するね、と言って最後のダルエスの夜を迎えました。

次回は

次回は、

思った通りまったく24時間では到着せず結局マラウィの首都まで48時間かかった件について、

です(-_-;)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

というわけで今日は でした~

ではでは~(^^)v

Webshopはこちら

-思い出し旅行2002
-,

  • Google+
  • Pocket
  • B!はてブ
  • LINE