(新)ショウタロウブログ

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

思い出し旅行2002

思い出し旅行2002 ~アフリカ大陸縦断 スーダン編 その2~

 

どもども~(^^)v

本日は「思い出し旅行2002」の日でございます。

今回からしばらく共に行動することになった方たち、登場人物の紹介でございます。

前回は、

スーダンへの行き方と主にフェリーないの事と、抗マラリアの体質改善薬の副作用で僕だけむっちゃ気分が悪かった

といった内容でしたかね(;^_^A

一応前回の内容はこちら→ スーダン編 その1

登場人物

・Kさん(男)・・・関西出身。当時26歳。知り合った時点で96ケ国制覇。見た目は元サッカー日本代表の岡田監督。アジア大陸横断、アメリカ大陸縦断経験者。

Eちゃん(女)・・・九州出身。当時26歳。看護師。バングラデシュのよくわからない村に1ケ月1人で生活していたという強者。アジア大陸横断済み。

Nさん(女)・・・日系ブラジル人。当時50代。関東に出稼ぎに来てブラジル人男性と結婚し離婚。この旅行はブラジルに帰るために上海から陸路で南アフリカまで行って、そこから飛行機に乗って帰国するついで。日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語が話せる。

・僕・・・当時21歳。大学休学中(4年生)。月300時間というバイト生活6カ月を経て一旦アイルランドへ。3カ月アイルランドで飲んだくれた後にエチオピアの国境の町からケニアの首都のナイロビまでの約1000kmの野生動物いっぱいの道なき道をヒッチハイクで駆け抜けたい!という理由だけでアフリカ大陸の縦断を決行中。

スポンサードリンク

スーダン(Republic of Sudan)
スーダン共和国、通称スーダンは、北アフリカに位置する国家である。首都はハルツームである。エジプト、リビア、チャド、中央アフリカ、エチオピア、エリトリア、南スーダンと国境を接し、東は紅海に面している。 アルジェリア、コンゴ民主共和国に次いでアフリカ大陸で3位の面積を擁する。 ウィキペディア

 今回は、黄色の星の町の話です。
 
 

 砂の町・ワディ・ハルファ

 ナイル川を遡上したルートで必ず最初に立ち寄ることになる、エジプトとスーダンの玄関口の町・ワディ・ハルファ。
 
いまだにはっきり覚えてますが、
 
夕方の4時くらいに港に着き、船から降り入国審査を行い建物から出て目の前の景色・・・
 
衝撃だったなぁ~・・・・
 
だって
 

「砂」

 
しかないんですもん・・・・orz
 
とおーくの方に家?っぽいものが見えましたが、
 
夕方だってのに、ノドが焼けるくらい空気が熱く汗すら出ない、
というか出てるけどすぐに蒸発してしまうほどの
 

暑さ

 
orz
 
しかもこっちは約25kgのバックパックを背負っていて、その遠くの方に見える町?までこの暑さの中歩かないと行けない・・・・
 
4人で相談した結果、みな節約をしたい考えは一致してましたがタクシーを使うことに。
 
もちろんタクシーといっても

ewirz / Pixabay

 
 こういったものでしたが('_')
 
このようなロバ・タクシー(ロバタク)を2つ手配して、
 
まずは宿へ。
 
 

スポンサードリンク

 

っていうかこんなところに宿あるの?

 
砂しかないところにもしっかり旅行者を迎える宿はありましてね。
こんなところですが。
この画像は無許可で使用してます・・・スミマセンgoogle先生(-_-;)
 
画像の真ん中の建物が宿です。
超旅慣れたKさんが事前に調べていたのですぐに見つかりました。
 
ちなみにこの宿、
 
  • 電気はない
  • 水道はもちろんない
  • ガス?なにそれ?レベル
  • トイレはなんとなくそれらしい所定場所で
  • お風呂は大きな水ガメがあるのでそれ。ちなみに水は裏に流れてるナイル川から汲んできた水
  • 男性が泊まる場所と女性が泊まる場所は分けられてるという
 2002年ですでにエコな時代の最先端をいっている設備でして・・・フフフ('_')
 
 こう書くとよく泊まれたなぁ~と回想しますが、あの時は
 
「お!寝るとこあるじゃん(^^)v」
 
が最初に思ったことでしたねぇ・・・・笑
 
ちなみに各々寝る時間になるとベッドを部屋の外に出して、外で寝てるんです。
 
不思議だなぁ~と思って部屋に入ったら、ちょうど同じ時間に戻ってきた人に
 
「お前、部屋の中で寝られるのか?暑くて死ぬぞ。外だと満天の星も見られるし外で寝たほうが良いぞ」
 
と言われまして・・・・ハハハ(;^_^A
 
この日はとりあえず宿に着いて荷物を降ろし食事をし・・・とそんな感じで終わりました。
 
ち 
 ちなみにGoogle Mapの空撮がありましたのでワディ・ハルファの一部ですが赤いピンが立っているのが僕ら泊まった宿で、
 
左側に青い電車のマークがあるところが駅です。
 
これを見ても砂しかないですよね(-_-;) 
 
 
ということで今回はここまでで、
 

次回は移動許可等の申請に警察署と両替で銀行に行き、首都のハルツームまでのチケットを買いに行きます。そして作り話のような実際に起こった事が・・・・

 
 ではでは~(^^)v
 
今日のBGMはこちらでした→ Daft Punk - One More Time
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Webshopはこちら

-思い出し旅行2002
-

  • Google+
  • Pocket
  • B!はてブ
  • LINE