(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

グリーンネックレスの花の画像です。

Webshopあります。

Webshopはこちら→

2018秋冬の移動販売予定

2018秋冬の販売予定についてはこちら→

セネシオ 植物

グリーンネックレス 多少の霜&雪程度では枯れません。意外に耐寒性が優れてます。

投稿日:

どもども~(^^)v

嫌いな人はいないんじゃないかな?!

という見た目のグリーンネックレス(略してグリネク)についてです。

今回の主な内容は、数年前に雪降る真冬に売り場から避難させるのを忘れたのがきっかけでわかったグリーンネックレスの耐寒性についてです~

画像とデータ

セネシオ ミドリノスズの花の拡大画像です。

花を見ると「キク科だなぁ~」っと思います^^;

  • 学名:Senecio rowleyanus
  • 別名:ミドリノスズ,真珠の首飾り
  • 分類:キク
  • 原産:アフリカ南西部(ナミビア)
  • 形態:耐寒性多年草
  • 耐寒性:USDA 9a(-7℃前後)
  • 花期:冬

小苗という表現が正しいかどうかわかりませんが、グリーンネックレスはなんとなく若い株はあまり開花しないという印象があります。

先日久しぶりに花を見る機会がありました。

株張りは30cmを目安にしてください。

スポンサーリンク

性質

寒さですが

六か月くらい露地放置してるグリーンネックレスです。

-7℃を経験したばかりのグリーンネックレスです(^^;) 多くの植物と同じように寒さにあたると葉の色が少し変わります。

僕は毎年「期間工」という名の「お盆と年末限定アルバイト」として知り合いのお店でバイトをさせてもらってますが、

とある年の年末に

「次の日は雪が降る」

という予報が出て、雪と霜はもちろん冷たい風も当たらないようにお店の一か所に凍傷など痛みが入るとマズイもの(特にシクラメンとかの鉢花)を集めてシャッターを閉めてその日は帰り、

次の日には予想通りにうっすらですが売り場が雪で覆われていた日がありました。

避難させたものは凍傷などでずまったく問題がなかったのですが、やはり慌ただしい年末。

避難させ忘れがいくつか雪の下から出てきましてね。

雪の下から現れ僕とそこのお店の店主と一番ビックリしたのがグリーンネックレス。

3~5cmくらい雪の下からまったくの無傷のグリーンネックレスが現われましてね・・・しかも当時は3号ポットでもそこそこ良い値段のした斑入りの種類

これには僕らもかなり驚きましてね~。多肉特有の寒さでヤラれて溶けた状態になっていると思っていたので^^;

斑入り種って基本的に「強くない」という印象があるじゃないですかね。それと多肉植物の多くは雪や霜は基本的にNGという印象もあるので。

試しに年が明けるまでずっとそのまま吹きっ晒しの売り場に置いたままにしておきましたが、枯れるどころかまったく痛みが入らず・・・・

「これ、かなり寒さに強いな」

という結論に至りました。

それから数年後の昨年久しぶりにグリーンネックレスを手にしたので、一度蒸れに対しての弱さともし生き残ったらそのまま春まで露地放置して様子をみてみよう、

ということで水は自然の雨からしかもらえない、というか多肉系の植物にとっては雨模様が何日も続くと調子が狂うであろう「露地」にて約半年間放置してみました。

で、その結果は話が戻りますが寒さに関しては

-7℃程度の寒さでも生きてます

ってことです。

グリーンネックレスを1年間露地放置して経過観察して、2年目に入った画像です・.^)

西洋オダマキ ’ブラックバロー’と並べました。

念のためにこれら上の2枚の画像に偽りのないように、冬季は地上部がほぼなくなる西洋オダマキのブラックバローと並べました。

道路工事などの公共事業で役所に提出する証明写真的な意味合いです 笑。

暑さについては

あえて書くこともないですが、単なるというか「ただ暑い」だけなら生育にまったく問題ありません。

が、

グリーンネックレスは多湿の状態が長く続いたり高湿度の環境を嫌います。

なので、湿度が上がってくる7月あたりから

グリーンネックレスが中心からハゲてきてみすぼらしい姿になってしまった!もしかしたらやらかした????

というような経験をした人は決して少なくはないのではないでしょうか。

全部が全部ではないですがキク科セネシオ属で南部アフリカが原産の多肉系の植物はけっこう高湿度を嫌うモノが多いです。

夏に外に出して2日ほど雨が続いて次の日に晴れると土から水分が蒸発し続けるので株全体が蒸れて数日したら完全に溶けて死ぬ

なんてことはよくあります。

-7℃に耐えた上の画像の株も秋の長雨の状況下でもずっと外で放置していたので蒸れて溶けたため、見たまんま株のボリュームが減りました。

マ●オくん
夏だからお水やらないとね~☆彡

なんてテンションで水やりをすると文字通り☆になりますのでご注意くださいね。

グリーンネックレスの水やりのタイミングとしては、

丸っこい葉がしぼみハリがなくなりシワが出来てから少しだけやればOKです。

よりわかりやすい水やりのタイミングを見極める方法をまとめましたのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

増やし方

グリーンネックレスの根です。

「根っこ」と「ここら辺で切って挿せば良いと思う」という画。

こちらも周知のことですが一応念のために。

増やし方ですが、株がある程度育つと茎から根っこが出てくるので根から少し離れたところで切り取って挿せばよいです。

株がある程度育つと根が現われます。

挿すときは切り口をしっかり乾かしてから土に挿してください。切ってすぐに挿すと切り口から腐り枯れることが多いので注意してください。

多肉系の植物を増やす基本中の基本ですね。

上でも書きましたが、グリーンネックレスは湿度が高い時期を嫌います。増やすのも植え替えも含めて何をするにも真夏や湿度が高い時期以外が良いです。

なので6~9月は避けた方が良いかも。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

というわけで今日はグリーンネックレスについてでした~

最後に原産地のナミビアですが行ったことあります。

-7℃あたりまで下がるような地域は存在しないような気がしてならないですが実際にグリーンネックレスの耐えらるので不思議です。

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク

-セネシオ, 植物
-, ,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2018 All Rights Reserved.