(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎が植物のことを中心に綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

Webshopあります。

Webshopはこちら→

ペルシカリア 植物

黄金葉 ペルシカリア ゴールデンアロー について。鮮やかな葉色と赤い穂状の花がおすすめな品種。

投稿日:

どもども~(^^)v

穂咲きのペルシカリア・アンプレクシカウリスの黄葉やオーレアと呼ばれるタイプのゴールデンアローについてになります。

時期によっては黄色の葉というのを通り越し、まさに黄金色の葉になります。赤い花も魅力的です。

育て方等はブラックフィールドなどとまったく同じで、霜・雪・凍結にも気温40℃・湿度80%の高温多湿の環境でも十分に育ちます。

葉の色の様子や花の感じをまとめました。

 

画像とデータ

初夏から晩秋の花。

明るい黄色の葉に赤い花がイイ感じ。

  • 学名:Persicaria amplexicaulis 'Golden Arrow'
  • 別名:
  • 分類:タデ
  • 原産:ヒマラヤ(原種)
  • 形態:耐寒性多年草
  • 耐寒性:USDA 4(-28℃前後)
  • 花期:初夏

カメラの性能的なことですが、実際の株はもう少し花の色が濃く葉の色が鮮やかです。

生育時期になる気温が上がってくる5月中ごろから本格的に大きくなってきますが、それと同時に葉の色が黄色というよりもライムっぽく若干葉の色が変わります。

黄金葉系の植物によく起ることがこのペルシカリアにも当てはまります。

 

気温が低くなってくると葉はやや赤みがかります。

 

それでも地上部分を無くす冬の時期を除き、年間を通じて「黄金葉」っぽい感じは残してくれます。

 

草丈は1m、株張りは60cmを目安にしてください。

スポンサーリンク

特徴

葉色

黄金葉が魅力的な品種。

鮮やかな葉色が魅力的な品種です。

地域にもよるかと思いますが、だいたい3月の中旬辺りから地中から芽が現れ新しい葉が展開し始めます。

黄金葉と緑葉について

芽吹き始めの葉は緑色です。

展開し始めの葉は緑色が強いですが、少し大きくなるとすぐに葉の色が黄色に変わります。

黄金色の葉

新しい葉は一般的に「黄金葉」と言われる植物よりもはるかに鮮やかだと思います。

この鮮やかな葉色は環境にもよりますが、開花する少し前まで継続してくれます。

日照量が少ない場所ですと黄金葉っぽくなくやや緑色が強く現れライム葉っぽくなりますが、半日陰程度の日照量でしたら鮮やかな葉色を保ってくれます。

 

だいたいざっくりで二ヶ月はこのような葉色を保ちます。

そのため赤い花が咲いていない時期でも十分に戦力になるかと思います。

 

花が赤いためか、葉に赤い斑点のような模様が入ることが多々ありますが病気とかそういったモノではないのでご心配なく。

育て方

耐暑性

ヒマラヤが原産と言われている割に、太平洋側の高温多湿気候の下でも問題なく育ちます。

気温40℃を日々超えていた2018年の夏を問題なく地植えで超えているので、かなり耐暑性に優れています。

タデ科 ゴールデンアローの開花画像です。

うっそうとした場所でも育ちます。

また夏の「熱を持った直射日光」に長時間さらされる場所でも問題なく育ちます。

水切れにも強くよほどやらかさない限りは枯れないのでは?っと思います。

屋上庭園のような日の出から日の入りまでしっかり日光が当たり、水切れしやすい場所でも十分に育っています。

耐寒性

穂咲きのペルシカリアです。

まだ開花してません。

寒さについては浜辺や標高3000m地点など極所でない限りは国内のほとんどの地域で問題ないかと思います。

雪が数か月に渡り積もったままの地域でも露地で越冬しますので、寒さに関してはそれほど気に掛ける必要はありません。

 

冬の間はほとんど地上部分を無くして越冬します。

11月ごろから葉が枯れ始めます。

スポンサーリンク

というわけで今日はペルシカリア ゴールデンアローでした~

ではでは~(^^)v

-, ペルシカリア, 植物
-, , , ,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2019 All Rights Reserved.