"/>

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ



ペラルゴニウム 植物

パールグレイやパールグレーという流通名のペラルゴニウム・クインクエロバツム。育て方など詳しくまとめました。

更新日:

どもども~(^^)v

園芸好きの方の一部で話題になっているペラルゴニウムのパールグレーと呼ばれているモノを少し掘り下げます。

画像とデータ

スポンサードリンク



 

  • 学名:Pelargonium quinquelobatum
  • 別名:パールグレー(流通名)
  • 分類:フウロソウ
  • 原産:東アフリカ(主にソマリア)
  • 形態:耐寒性多年草
  • 耐寒性:USDA9b(-3.9℃)
  • 花期:株が充実し気温が20℃以上ある時期

実物の花はもう少し緑がかってキレイなんですよ。それと、このペラルゴニウムについていろいろと情報を漁りましたらビックリすることが2点ありました。

情報元について

情報の漁り先はどこかの国のNGO団体 Jstor という由緒ある植物専門の学術書や論文などをデータ化して公開している組織らしいですが、

とりあえずこの団体についての記述は流し読みしかしていないのでこの団体の存在やデータの信憑性だったりは今回はツッコまないとして・・・

それともう一つ何人かわかりませんが(デンマークの国旗がサイトにあるのでデンマーク?)、コーデックス系植物オタクであろう(勝手に決めつけてますが)Bihrmannという人のサイトを参考にしました。

独断と偏見ですが、どこの国でもオタク収集家の意見はけっこう信憑性がある、と僕は思ってます(^^)

それと僕の持っているゼラニウム本にはこのペラルゴニウムは載っていなかったのでネット情報に主として頼りました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




育て方

原産地について

原産地がJestorのサイトによると1847年に発見かキュー植物園に献上されているようで、

おぉ・・・けっこう昔からあるのね

っというか、

 

ソマリアて・・・(*_*)

 

ペラルゴニウムって南アフリカ以外にも生息しているんだと知ってビックリ(*_*; 

しかもソマリアの隣国のエリトリアやエチオピア、対岸国のイエメンにも自生しているようで・・・・

エリトリアというと僕の印象だと地球上でもっとも暑い地域のトップ10には入ってくるんじゃないか、という印象がありまして・・・真夏は50℃付近連発の地域だったはず・・・orz

それと国土の大部分が富士山くらいの標高のエチオピア・・・まぁソマリアに隣接している付近を指しているんだとは思いますがそれでも涼しい地域だと・・・

水やりについて

またこの辺りの地域は降雨量が決して多くはない地域で、

そのためこのペラルゴニムを真夏に水のやりすぎであったり多湿の状態を作ってしまったりで枯らす人が多い、というのは元々分布している環境が原因だと思います。

そのため日本の7月~9月の間は水やりを極力控えて、土も軽石やゼオライトなど透水性の高いモノを入れた土に植えておく、ということを行った方が良いです。 ゼオライトはこのようなものです→ 天然ゼオライト

他ごとをやりながらこの情報を流し読みしてたんですが、二度見をする項目がいくつかありビックリでした。

スポンサードリンク



耐寒性

この情報は・・・ちょっと当てにならないような気がしてならないんですが・・・でもJstorによると

生息地域の標高:1400m~1580m

とありまして・・・

でもこう見ると-12℃はともかく、-6℃くらいの寒さならイケるかな、と。僕は過去寒さにさらして枯らすのが怖く温室に引っ込めたので実際の耐寒実験はこの植物に関してはしてないのですが、

今年はやってみる価値があるかな~具体的な数字が2つも出てきたので(笑)

※耐寒性について追記(重要!)

耐寒性ですが、露地にて11月から3月末まで5ポット放置しましたが残念ですがすべて芽吹きしませんでした。0℃を下回った辺りまでは生きていましたが、雪が何回か降り土が濡れていた時間が長かったからでしょうか、

多肉植物が溶け死ぬような状態になりそのままご臨終しました。

ただし、露地ではなく寒風・霜・雪避けできるところでは-2.2℃まで下がった場所でも問題なかったので、やはりこのペラルゴニムは土に水分がそのまま残っていると時期に関係なく死ぬリスクがあがるのでご注意くださいね。

タネのようですがユニークなのもこのペラルゴニムの特徴です。

 

一つ一つ分解すると↓こうなります。

羽があるんですよね~。黄花のエロンガツム(elongatum)とかこの手の原種の小花のペラルゴのタネはみんなこんな感じで羽があってよく飛ぶので、

時期になるとウチの温室のそっこら中からそれらしいのが芽吹きます(笑)

タネ播きについて

水に一晩付けるとよいです(^^)/

ペラルゴニウムというと出荷から逆算すると秋播きが良いかな、と思ったので9月の上旬に播きました。海外サイトをイロイロみても発芽適温が具体的に書いてあるところがなかったためで、

でも10月の下旬で

播種一ヵ月後でもまだこれくらいしか発芽しませんでした・・・(-_-;)

この程度しか発芽せず・・・・原種特有の発芽するタイミングがバラバラ・・・・

というか、この後12月まで続々と少しづつ発芽しましてね・・・・しかも発芽適温がわからなかったので一定の温度をキープできるような場所ではなく、ただ雨風を防げるためだけの温室に入れてあっただけでしたが(^^;

ちなみに最低温度が0℃近い12月でも発芽してました。

通常硬いタネは腐りにくく発芽が遅いという定説がありますが、約半年に渡り発芽し続けるというのは原種ならではの強さ、というのでしょうか。

最後に

国内のサイトのいろんなところでPelargonium 'Pearl Grey'とかって「さも本当っぽく」書いてありますが、

あくまでパールグレーは流通名としての名前であり、正式な名称ではありません

一度情報を整理したいなっと思って綴ってみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Webshopはこちら→

スポンサーリンクと関連コンテンツ



-ペラルゴニウム, 植物
-, ,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.