"/>

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

バックホウシア レモンマートル



バックホウシア(レモンマートル)

レモンマートル(バックホウシア・シトリオドラ)の体を張って得た耐寒性についてやその他モロモロ

更新日:

どもども~(^^)v

今日はレモンの香りのするモノです~

画像とデータ

スポンサードリンク



バックホウシア レモンマートル

小さい花が集まって咲き進むと楕円形になります(^^) 1つの花の大きさは5mmくらい。

  • 学名:Backhousia citriodora
  • 別名:レモンマートル
  • 分類:フトモモ
  • 原産:オーストラリア
  • 形態:耐寒性常緑樹
  • 耐寒性:USDA 8b(-6℃前後)
  • 花期:夏

レモンマートルと呼ばれる通りに、レモンな香りがするオーストラリアの植物です。

現地のオーストラリアでは精油や香草的な役割として昔から使用されるようです。あまり知られてませんが日本国内でもレモンマートルの愛好家は少なからずいます。

オイルの抽出であったりその効能とかそういったことは僕はまったくわかりませんので、このページでは主に育て方や耐寒性など生育的な内容がほとんどになります。

現地では樹高が8mほどになるようですが、国内で流通しているものはせいぜい大きくても70cmほどで、国内で8mにしようと思うと場所や施設を選ばないといけなんじゃないかな。

耐寒性

バックホウシア 耐寒性

数日続いた-4℃な日+数回の降雪でこのようになります(-_-;)

いきなり結果からですが、

4号~5号程度のサイズのレモンマートルは-4℃+雪に降られると上のように枯れたようになります。

以前バックホウシアを販売した際に北国のお客様から耐寒性を尋ねられたことがあり、熱帯系のモノなので冬越しは必ず室内で、それと凍らせないでください、

とお伝えしたところ

-5℃くらいまで大丈夫と聞いたことあるのですが、実際のところどうなんでしょう?

とさらに質問を頂きましてね~

「えぇ!そうなの???-5℃でも問題ないの???」

というのが正直な感想だったので、

それなら

上の枯れ枯れ画像の真上の様子。何も防寒されてない露地です(^^)

温室脇の苗置き場へ9月から放置。

で、3月頃にその後の様子を確認し上の画像のように枯れていたわけなんですが・・・・。0℃くらいにの時に枝を折ってみたらまだ「生きてる感」がありましたが、

最低温度が-4℃前後の寒さだったが何日か続いた後にまた枝を折ってみると、「生きてる感」がなく気温が上がってきてもそのままの状態でした。

もう一つ、他の場所に置いた株で、霜&雪除けできる場所だけど寒風がガンガンに当たる所にあった株もそろってご臨終したように見えます。

すべて5号鉢に入り樹高が約40cmあるそこそこの大きさの株でした。

それでバックホウシアの耐寒性について少しググッてみたら、オーストラリア国立植物園というのでしょうかね、そこのサイト(オーストラリア公式の植物標本集?!)の中にバックホウシア・シトリオドラ(レモンマートル)の頁があったので読んでみると、

バックホウシア・シトリオドラ(レモンマートル)を含むその他のバックホウシアが多くが自生している1つの場所として、よく茂った高木などに覆われている熱帯峡谷の中にあるオーストラリア国立植物園があります。そこは-8℃まで下がった年があります。

しかしながら、株が小さく若い状態や柔らかい新葉が多い株は霜除けをする必要があり、ある程度育った株でも露地に植える場合は、なるべく霜が当たらない場所に植えたほうが良いでしょう。

的な内容が書かれています。

オーストラリア公式植物標本集はこちら→ ANBG

要するにレモンマートルの耐寒性は、

  • 無風&防霜&防雪はマスト
  • でも-8℃くらいの体感温度だったら問題ナシ
  • それでも若い株は寒さに弱い

ということです。

なので、冬越しさせるなら11月から3月くらいまでは室内に取り込んでおけばOKという感じですね。

実際に、

風&霜&雪の影響を受けないけど加温的な効果の薄い、-4℃以下になっていた日もありましたがパイプハウス内に置いてあった株は葉も落ちずにいまも生きてます

耐寒実験するのにいったい何鉢用意したんだってツッコミをもらいそうですが 笑。

スポンサードリンク



※追記 重要です!

いや~びっくりしました。

園芸屋にとって1年で1番忙しい5月に、時間を見つけては温室の外や中を片づけていましたら枯れ葉が付いたまま露地に放置してあった耐寒実験したバックホウシアの鉢あったので、廃棄しようかと見てみると・・・・

レモンマートル 耐寒性

あれ・・・・緑色の葉が出てる・・・・(@_@;)

枯れ葉の合間から緑色の葉が見える・・・・

バックホウシア 耐寒性

雑草・・・・????

雑草だろう~まさか露地で冬越しは無理でしょ~とさらに目を凝らすと・・・・

芽吹きしてる・・・・(@_@;)

枯れてない・・・・芽吹きしてるわ・・・・

レモンマートル 寒さ

1鉢も枯れてないし・・・・(@_@;)

実験用に1年露地にずっと放置し続けた鉢はすべて生きてました~!

いや~ビックリしました!

オーストラリア国立植物園は嘘をついてませんでした 笑(;^_^A

まとめると、

・-4℃前後の寒さ&雪でしたらまったく問題なく越冬する

・芽吹きは5月の中下旬から

ということです。

体を張って得られたデータなので有効活用してくださいね(^^)v

スポンサーリンク

スポンサーリンク




育て方

一番気になる耐寒性については上に書きましたので、あとは水やりでしょうかねぇ。

wikipediaにもあるように熱帯地域の多雨林に自生、とある通り気温が高い時はけっこう水を良く欲しがります。

真夏に一度、

「これ、水切れで死んでないか?」

というくらいグッタリさせたことがありましたが、水をたっぷりあげたら葉焼けはしましたが何事もなかったかのように復活しましたので、

多少の水切れを起こしても問題ないのでご安心を 笑。

では、その他特徴などを。

レモンマートル

つぼみ~

つぼみがなかなかいいな~と個人的に思いました。けっこう樹勢が旺盛というのか、四方八方に伸びていきその先端につぼみが付きます。

レモンマートル

新葉は霜に弱い的なことを上の方で書きましたが、納得ですねぇ(^^;)

刈り込んで新しい葉が出てきた状態。カラフルでイイ感じだと思いましたが、

見るからに柔らかそうで「霜に当たると溶けまっせ」という無言の主張をしてくれてますよね~それよりも真夏の強光線に当てても焼けそう。

葉は細長いです。やや香ります。

ですが、生の状態よりも

こっちの乾燥させてパリパリの状態の方が断然香ります。

柑橘的な香りがする植物はいろいろありますが、このレモンマートルは僕の中ではそれでも2番目かな~

え?

1番は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




一番はこちらです↓

というわけで今日はレモンマートルでした~

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク




スポンサーリンク




Webshopはこちら→

スポンサーリンクと関連コンテンツ



-バックホウシア(レモンマートル)
-, ,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.