(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

Webshopあります。

Webshopはこちら→



思い出し旅行2002

思い出し旅行2002 ~アフリカ大陸縦断 ナミビア編 その1~

投稿日:

どもども~(^^)v

本日は「思い出し旅行2002」の日でございます。

前回の内容

前回は、

オカバンゴ・デルタの入り口のマウンまでのヒッチハイク後に泊まった「高級な安宿」ではテントを使用して宿代を浮かしてたものの、野生動物観察くらいしかボツワナではやることがなく、次の日にすぐにナミビアへ。道路事情が良く800kmの道のりを乗り合いバスで1日で移動して首都のウィントフックへ。

といった内容でしたかね(;^_^A

前回の内容はこちらで↓

ザンビアからまた一人になりました。

登場人物紹介

・僕・・・当時21歳。大学休学中(4年生)。月300時間というバイト生活6カ月を経て一旦アイルランドへ。3カ月間毎晩アイルランドで飲んだくれた後にエチオピアの国境の町からケニアの首都のナイロビまでの約1000kmの野生動物いっぱいの道なき道をヒッチハイクで駆け抜けたい!という理由だけでアフリカ大陸の縦断を決意し、

とても興味があったルワンダの虐殺記念館と世界三大瀑布のビクトリア・フォールズを訪れることができ、最終目的地の南アフリカ・喜望峰を目指してアフリカ大陸をブラブラしてます。

ナミビア共和国、通称ナミビアは、アフリカ南西部に位置する共和制国家である。北にアンゴラ、北東にザンビア、東にボツワナ、南に南アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面する。首都はウィントフック。イギリス連邦加盟国。 当初ドイツが植民地とし、植民地時代の名称は南西アフリカ。 ウィキペディア
国番号+264
人口245.9万 (2015年)
通貨ランド、 ナミビア・ドル

スポンサードリンク

首都・ウィントフック到着

よく覚えてないですが、ウィントフックの街並み(^^;)

ウィントフックに到着する1時間くらい前に運転手が「どこの宿に泊まる予定だ?」と一人一人っと言っても8人くらいしか乗客がいませんでしたが、聞いてまわりそれぞれが希望する宿の前で降ろしてくれ、満室だった場合は泊まるところが見つかるまで連れていってくれるという、

日が沈む始めるにつれて治安が急激に悪くなるブラック・アフリカ諸国ではなんともありがたいサービスをしてくださいました。

ほとんどの人が1回で宿に入れましたけどね(^^;)

ウィントフックの様子

15kgくらいあったテント。重かった~(^^)

ウィントフックの中心部は道に穴が空いてたりすることがなくしっかり整備され、ゴミもそれほど落ちてなくけっこうキレイな町でした。

あと、発展途上国によくある車がすぐにクラクションを鳴らすようなこともないため町中は落ち着いた印象がありました。キレイなYシャツを着ている人や革靴を履いている人が多く、他のアフリカ諸国の首都とは違いはだしの子供や乞食や物乞い、野良犬の集団などがまったくいない珍しい都市でした。

またドイツの植民地だったナミビア。ウィントフックは街並みや教会があったりするためにその影響を大いに感じることができました。

宿

宿に限りませんが一般住宅もやはりセキュリティはしっかりしていて、3mほどの高さの壁でしっかり囲まれ、さらにその上には触ると感電する線が張り巡らされ、僕ら宿泊客は表の出入り口ではなく裏側の目立たない出入り口からの出入りをお願いされ、と、

安宿と言えどもここまで徹底されてました。

町を歩いた感じではそれほど治安が悪い雰囲気を感じませんでしたが、これほどのセキュリティをしていても強盗に入られる、と宿の人は言っていました。

ちなみにここでは僕はテント泊でした。1泊約150円(^^)

ソーセージとチキン三昧

ウィントフックの町中にはお昼頃になるとケータリングカーがあちこちにやってきて、現地ビジネスマンや道行く人が各車にやってきて並び、

各車が何を販売しているかを確認してから僕はソーセージっぽいものを販売している車の列に並び、出てきたものがパンからずいぶんとはみ出したテレビで見るような感じのソーセージで、さらに案外お値打ちでしかもかなり美味しかったので、

ウィントフックに滞在している間のお昼ご飯は毎回このホットドックばかり食べてました(^^;)

さらに、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)や南部アフリカのチェーン店のクレイジーチキン、マクドナルドもチキンの販売に力を入れていて、なぜか無駄にチキンがどこでもお値打ちに食べられたという不思議な所でした。

どの店舗でも日本円で200円くらいの金額でかなりの量のチキンを食べることができ、いろいろな所で食べ歩きをしてました(^-^; 意外にこれが楽しかったです 笑。

スポンサードリンク

バッタリ!

ウィントフックに来て数日が過ぎ、さーてしっかり静養もしたし南アフリカに向かうか~バスのチケットを買うか~

ということで長距離バスターミナルにてバスのチケットを買い、ブラブラしているとどこか見たことがある風貌の人を発見・・・・

まさかの

エジプトからウガンダまで一緒だった

日系ブラジル人の

Nさん

Σ(゚Д゚)

僕はむっちゃビックリしましたが、Nさんは全然驚いた様子ではなく会っていきなり

ショウタロ~モザンビークすっごいオススメ!ポルトガル語通じるからすっごい楽しかった!

と言い、というかそれってポルトガル語が話せる人限定じゃん!とかツッコんでましたが、Nさんの旅程はジンバブエで別れたEちゃんからだいたいは教えてもらい把握をしていたので話を聞いていて理解できる部分が多く楽しかったです。立ち話でしたが(^^;)

ウィントフックのバスターミナルに来たのはモザンビークと同じようにアフリカのポルトガル語圏のアンゴラに行くためだったようで、

僕ら日本人にとってはアンゴラへの入国はビザの取得が難しかったりし若干ハードルが高かったですが、ブラジル国籍のNさんはまったくそのような障害がなくパスポートだけで入国が出来たようで、

「アンゴラに行ったら里帰り(ブラジル)するよ」

と言い行ってしまわれました。

・・・・というか、

ウガンダとルワンダの国境で別れた人と数千キロ離れたナミビアの、中心部とは言えだいぶ中心部から離れた所で偶然に会うなんて・・・・

と冷静になるとものすごい偶然だったな、

といまでもたまに思います(^^;)

「バックパッカーあるある」

しかしながら宿なんかでバッタリ会うのは実は「バックパッカーあるある」でして・・・・

ある宿で知り合いその宿に泊まっている間は一緒に過ごしたけど、旅程が違うためそこで別れ1年ぶりにその宿に行ったら偶然その人も戻ってきていた

という話もあったり、

旅行中にものすごい意気投合し「まぁどうせ旅行中だけの仲だし」ということで日本国内ではどこに住んでるかはお互い聞かずに別れ、数か月後に日本国内でバッタリ会い盛り上がってそのまま結婚

なんて話もあります。

僕はNさんとのこのバッタリがいまだかつて一番びっくりした「バッタリ」ですね(^^;)

次回は

次回は、

いよいよ南アフリカ共和国に突入!

といった内容になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ショウタロウ

巨大NGOの下部組織で事務職という名の雑用をこなした後に、まったくの未知の業種だった園芸を知識、経験、そして資金もほぼ0の状態から始めた元バックパッカーです。

⇒もう少し詳しいプロフィールはこちら

-思い出し旅行2002
-,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.