(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

花が茎の先端に集合するユーフォルビア・コロラータ。

花が茎の先端に集合するユーフォルビア・コロラータ

Webshopあります。

Webshopはこちら→

2018秋冬の移動販売予定

2018秋冬の販売予定についてはこちら→



ユーフォルビア 植物

ユーフォルビア・コロラータ 小さく密集した白花が人気が出そうなんですが・・・・。いや~栽培するとなると大変ですわって話です。

投稿日:

どもども~(^^)v

白くかわいらしい苞を持つユーフォルビア・コロラータ(Euphorbia corollata)についてになります。種まきから3年やりましたのでだいたい把握できました。

育て方はもちろん耐暑性や耐寒性についても発芽率についてもまとめました。発芽率ははっきり言って悪いですよ~。

画像とデータ

ユーフォルビア・コロラータの花の拡大画像です。

花弁のような白いの花ではなくガクです。

  • 学名:Euphorbia corollata
  • 別名:
  • 分類:トウダイグサ
  • 原産:アメリカ
  • 形態:耐寒性多年草
  • 耐寒性:USDA 3b(-35℃前後)
  • 花期:夏

一見するとカスミソウのように見えるユーフォルビアです。

国内だと馴染みないのではないかと思います。

草丈は最大で1m、株張りですが60cmを目安にしてください。

スポンサーリンク




ユーフォルビア・コロラータとの出会い

始まりはメッセンジャー

ユーフォルビア・コロラータのポット苗の様子です。

ユーフォルビアと言われてもとてもそうは見えないですね。

ユーフォルビア・コロラタって栽培できる?種って手に入る?

っという内容のメッセージが突然送られてきた2016年の7月。

送り主は彦根クリスマスローズ展示即売会のまーちゃんこと上田政子さんです。

 

ん?ユーフォルビア・コロラタってポインっぽいユーフォルビアじゃなかったっけ???

 

っと、Euphorbia Colorata(ユーフォルビア・コロラタ)というポンセチアの小さいヤツっぽいのが真っ先に頭の中に浮かんだのですが、ガーデニング素材が好きな上田政子さんがなんでそんなものを?と思い画像(Euphorbia Colorata)を送ると

 

これじゃない!白花だって!

 

ユーフォルビアで白花・・・・?

・・・・もちろん日本語サイトでは見つけられず、

なんだろ・・・と思い当たる「コロラタ」のアルファベットをいろいろLの部分をRに変えたりイロイロ変更させてみたところ、Google先生が

もしかして「Euphorbia corollata?」

と教えてくださりようやく判明。

というかユーフォルビア・コロラタと言われEuphorbia Colorataが浮かんだ自分にもビックリしましたが笑。

ユーフォルビア・コロラタの画像コチラで

こういうよくわかってないモノにはとりあえず手を出したくなる性分なのですぐに海外の種サイトやすい情報サイトを物色。

事前情報として

ユーフォルビア・コロラータの自生地分布図

暑さも寒さもかなり耐性高いです。

日本国内でも育ってる、という話を上田政子さんが言われていたので、原産地の検索をすると北米ということがわかりアメリカ農務省(USDA)のサイトからユーフォルビア・コロラータの分布画像をチェック。

僕はアメリカにまだ行ったことがありませんが、ものすごい寒いと言われている五大湖からけっこう暑いであろうフロリダ州まで分布しているのがわかり

これなら日本の広範囲の地域でも育つ確率が高いな

と思いさっそく発注。

余談ですが、USDAはアメリカで確認されている出来る限りの原産種・外来種の各植物を上のような分布図としてサイト上で公開しています。アメリカ原産の植物について知りたいことがある場合は、僕はたいていこのサイトを参考にします。

発芽率や発芽条件などその他のことも念入りに収集しました。

育て方

種まき

一年目

御覧の通り発芽率はハンパなく悪いです。

2016年の9月に記念すべき1回目のユーフォルビア・コロラータの種まき。翌月の10月に1つ発芽。

事前に「発芽率はよくない」とわかっていたので、1つだけでも芽が出ただけでもよっしゃ!となりました。

がしかし冬季は完全に地上部をなくすタイプ(キパリッシアス系ダルキス系、あとポリクロマなど)いわゆる「落葉性のユーフォルビア」というのはわかっていたので、この発芽したての苗も

「もうすこししたら地上部が枯れる・・・こんな小さいのにちゃんと宿根するのか」

と心配しつつも地上部がなくなり翌春に芽が出てくるのを期待。

しかしというかやはり予想通りに4月になり暖かくなっても芽が出てこず・・・・

そして保険として春に播こうと思い残しておいた種を2017年の2月に播いたもののこちらは1つも発芽せず・・・・・

次は地上部が枯れる前に株にそれなりに体力をつけさせるために少し早めに8月に播こうと。

初年度は確か150粒を播き芽が出たのは「たったの3つ」だったため種が良くなかった可能性もあり一回目とは違う別の会社のモノを手配。

ということで僕にとっての「ユーフォルビア・コロラータの初年度」が終了。

二年目

ユーフォルビア・コロラータの小苗。

2017年10月の状態。芽が出てからは速いなっという感想です。

2017年8月某日、前回の教訓を生かし早播きをしてみると今回もやはり発芽率が悪い。わかってはいましたが。

今回は勝負をかけるために一気に70粒を播いてみたところ、6つ発芽。

上の画像のように芽が出てからは案外生育スピードは速いものの

貧弱で心配させるビジュアル・・・こんなんで冬越しできるのか~!!!

と心配になりつつも冬はやってきて自然に6ポットすべての地上部がなくなり・・・・・

年が明け地上部が無くなったユーフォルビア・コロラータのいるポットに何も動きがないまま数か月、2018年の2月の某日にテンションが上がる出来事が。

見事に宿根したユーフォルビア・コロラータ!!!!!

おぉぉぉぉ!!!!!!宿根したー!!!!!

「土が入ってるだけの状態のポット」に小さな緑色の物体が!!!!

ひとまず安心。よかったぁ~っと一人で真冬の温室で安堵 笑。

しかしながらその後芽が出てきた株は3つしかなく、一気に半分に。

それでもこれでもう大丈夫だろうっと思いつつも・・・・元の株は地上部が育ってたととても言えない状態だったため、政治家がよく用いる「注視する」状態へ。

この時はとにかく水やりに気を付けました。ユーフォルビアに限らず芽が出たて植物って水腐れすることが多いので。

芽吹きを確認し一カ月経ってもまったく動いているような状態でなく・・・・こういった場合は意外と死んでる場合が多いもののそういう感じではなく3月へ。

2018年の3月というのは、

春本番の気候と真冬の気候が二日や三日という短いスパンで交代する栽培する側としては水切れにも水のやりすぎにも気を付けないいけないというけっこう近年まれに見る難易度の高さでございましてね。

とてもやりづらい気候でそもそもが「地上部が育ってたととても言えない状態」だったということもあり少し不安が。

そのため昨年春播きで失敗していたものの、このタイミングでもう一度種を発注。この時も会社を変え、今度は採取地も変えました。

そして不安が悪い方に見事に的中。3月の下旬に3ポットとも茶色くなりドロっとなり「すべて死亡確認」。チーン。

春の芽吹きはこんな様子だったんだろうな・・・と。

生き残りの3ポットが枯死した原因を考察してみると、毎日のように気候や気温が変わったことと

「土の中の水分量かな~」

という結論に。

枯れかたが水分過多っぽかったので。新芽が茶色くなって柔らかくなるのはたいてい水が多いんですよねー。

なので、次に発芽したユーフォルビア・コロラータには普段の培養土に多孔質で空気を土中に入れるゼオライトを混ぜることに。

僕はゼオライト教の信者です 笑。

三年目(3回目)

3年目の現在(2018年8月時点)での手持ちのコロラータの株。

まだ二回目の株が生きているにのにも関わらず発注をした種が思いの外早く到着し、すぐに播種。2018年の3月中旬。

前回の春播きは全滅だったものの、「なんとか春に苗を作り苗をしっかり育ててから冬を迎える必要がある」と確信したための二回目の春播き。

そして今回も70粒。

結果は・・・上の画像の通りです。発芽したモノで枯れた株はないですが、2018年8月の時点で7ポットです。

ポットの色やサイズや材質が違うのは土の配合を変えたりして生育の状態を見るためです。

7月上旬からの異常高温も屁とも思わず、温室内気温が45℃付近でも問題なく生育しております。フロリダに行ったことないですが、想像したとおりに暑さは問題ないです。

しかしデローンとお行儀悪くうなだれていますが、本来はシャキっと直立しているはずなんだけど・・・・草丈だって最大で1mになると言われていますし・・・・。

年数をかけないとそうはならないのかな、と思いますが。

念のため興味がある方はGoogle先生の画像一覧を。

スポンサーリンク




耐暑性と耐寒性

ユーフォルビア・コロラータの葉です。

葉は細長いです。

上記の「種まき」についてのところでさんざん書きましたので、もうお分かりだと思いますがユーフォルビア・コロラータは耐暑性も耐寒性もかなり優れています

実際にわかっているのは45℃の気温でも問題なく生育します。

寒さについてはオンタリオ湖近くのトロントの気温を見てみると、以前体感温度が-44℃という時もあったようでそんなところででも宿根しているらしいので寒さはもちろん、降雪量も35cmあるので雪が降る地域でも問題ないでしょう。たぶん。

まとめ

新しく芽が出てきている様子。

簡単にまとめてみます。

ユーフォルビア・コロラータをまとめると

  • 耐暑性と耐寒性はかなり凄い
  • 発芽率は発狂しそうなほど悪い
  • 約3年で210粒播いてもモノになりそうなのは7ポット
  • 倒れずシャキっとした株には年数をかけないといけないっぽい
  • 宿根したからと言って安心してはいけない

といったところでしょうか。

個人的には確信したのは

こうも発芽率が悪いと、そりゃ誰も生産しないわなー1苗にかかるコストがすごいもん。育ってもすぐに倒れるしこんな見た目では市場で叩かれて終了。

といった印象です。

苞なので落ちることもなく長いこと白色を楽しめて人気が出そうなビジュアルをしてるのに、栽培にこうも手を焼きますので・・・・流通には乗らないだろうな・・・・残念ながら。

このユーフォルビアをこっそり人知れず試験栽培して辞めた人、多いんじゃないかなー。




というわけで今日はユーフォルビア・コロラタでした~

ではでは~(^^)v




-, ユーフォルビア, 植物
-, , , ,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2018 All Rights Reserved.