"/>

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

Webshopあります。

Webshopはこちら→



思い出し旅行2002

思い出し旅行2002 ~アフリカ大陸縦断 スーダン編 その5~

投稿日:

どもども~(^^)v

本日は「思い出し旅行2002」の日でございます。

前回は、

首都・ハルツームに行くための電車を待っていたら遅れて到着する電車が珍しく定刻通りに来たので乗り込もうとしたら、1週間遅れてで到着したというアフリカ時間だったというorz 次にいつ出発するのかわからない電車を待ちながら、いろいろな人と知り合い情報交換をしたのでした(^^)

といった内容でしたかね(;^_^A

一応前回の内容はこちら→ スーダン その4

登場人物

・Kさん(男)・・・関西出身。当時26歳。知り合った時点で96ケ国制覇。見た目は元サッカー日本代表の岡田監督。アジア大陸横断、アメリカ大陸縦断経験者。

Eちゃん(女)・・・九州出身。当時26歳。看護師。バングラデシュのよくわからない村に1ケ月1人で生活していたという強者。アジア大陸横断済み。

Nさん(女)・・・日系ブラジル人。当時50代。関東に出稼ぎに来てブラジル人男性と結婚し離婚。この旅行はブラジルに帰るために上海から陸路で南アフリカまで行って、そこから飛行機に乗って帰国するついで。日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語が話せる。

・僕・・・当時21歳。大学休学中(4年生)。月300時間というバイト生活6カ月を経て一旦アイルランドへ。3カ月アイルランドで飲んだくれた後にエチオピアの国境の町からケニアの首都のナイロビまでの約1000kmの野生動物いっぱいの道なき道をヒッチハイクで駆け抜けたい!という理由だけでアフリカ大陸の縦断を決行中。

スーダン(Republic of Sudan)
スーダン共和国、通称スーダンは、北アフリカに位置する国家である。首都はハルツームである。エジプト、リビア、チャド、中央アフリカ、エチオピア、エリトリア、南スーダンと国境を接し、東は紅海に面している。 アルジェリア、コンゴ民主共和国に次いでアフリカ大陸で3位の面積を擁する。 ウィキペディア

スポンサードリンク

いったい電車は出発するの???

さて、

1週間遅れで到着し点検と称してずっと動かない電車の出発を待たざる得なく、しかも周りは砂しかなく地球上でもトップ20には入るであろう暑さの地域でとにかく体力を消耗せずに電車が出るのを待たなくてはならず・・・・

「いつ鳴るかわからない警笛が出発の合図」

これを聞き逃さないように常に聴けるように屋内ではなく屋外にいて、

 

経験豊富なスーパーバックパッカーのKさんが、

「これから電車に乗ったら当分の間は水が飲めなくなるから水をたくさん買っておこう」

と買いだめした2LX12本のペットボトルの水も運べるんかな、というかこれ電車が出発するまでに飲んでしまうのでは・・・と心配しながら、

 

毎日交代で皆と午前・午後・夕方と駅に行って様子を見る、ということを

 

結局

 

丸3日

 

行いましたorz

 

電車の出発を70時間くらい待ってようやく

電車の出発を待ち3日経ち陽が沈み始めた夕方でした。

宿にKさんが慌ててやってきて、

「電車が出発するぞ!!!荷物まとめて!急げ!」

と突然のことでしたが準備万端!待ってました!

ようやくこの灼熱の地から移動できる!と思うと、12本の水も20キロのバックパックも簡易テントも一度に持って砂の上を入っても苦にならず、砂の中にある1キロくらい先の

 

実際に乗った電車です。いったいどこにレールがあるんだか・・・(-_-;)

駅に向かって全力ダッシュ!

 

ダッシュしてる最中にようやく聞けた

 

「警笛!」

 

そして警笛が鳴って少ししたら

 

電車がゆっくり動きだしやがりましてね(゚д゚)!

 

ちょっちょっちょっ!

「いやいや鳴ってすぐに出発すんの????ってかまだ僕らと同じように走ってる人がたくさんいるじゃん!!!!」

と叫んだか思ったか覚えてませんが、焦りつつそして遠目からでもわかる電車の乗り口に溢れる人込み・・・・動く電車・・・・ある意味修羅場・・・・

スポンサードリンク

さて電車に乗り込めるのか???

なんとかKさんとごった返してるホームに到着して動き出してる電車に焦りながらどの車両かを確認していたら、

予約した1等席にはすでにEちゃんとNさん、少し前に知り合った長身のスウェーデン人女性が陣取っていて僕らの姿を確認したEちゃんが

 

「こっちこっち!」

 

と呼んでくれてスピードが上がってきた電車に両手に荷物満載の状態でなんとか滑り込め、欧州と同様に1等は6人掛けのコンパートメントで1部屋を僕ら「外国人」で独占できたのでとりあえずはプライベートな空間は確保でき、とりあえずは一安心・・・・(^-^;

 

紹介が遅れた謎のスウェーデン人女性について

ハルツームまで道中を共にすることになったこのスウェーデン人ですが、名前は忘れてしまいましてね~(^^;)

身長が高く僕とあまり変わらなく、整った顔のいかにもな白人の女性でした。

職業はなんと

 

「植物学者」

 

で、ハルツームのホテルで国際会議があるから同僚や他の人は飛行機でハルツームに入るけど旅行がてら1度「下道」で行ってみようかな、

ということでエジプトから旅行してきた方でした。もちろん僕は当時は植物にはまったくの興味がなかったのでこの方の話を聞いても

「国際会議に出席するくらいだからそのスジでは専門家なんだろうなぁ~」

程度にしか思わず、

それよりも

「美人なねーちゃんだなー(^.^)」

と思ってました笑

 

 

というわけで、次回は

まだまだ遠い首都・ハルツーム!幻覚を見る暑さ!夜8時を過ぎても気温42℃!

 

ではでは~(^^)v

 

今日のBGMはこちらでした→ Weezer - California Kids

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-思い出し旅行2002
-,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.