(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

原種

シセンウツギが開花した状態

ウツギ 植物

シセンウツギ(四川空木) 星形の白い花。大きく育った実物にはものすごく引き寄せられます。

2019/3/18    , , ,

どもども~(^^)v 白い星形の花が咲くシセンウツギについてです。 開花している状態を生で見ると多くの人が「これって何?アジサイの種類?」とざわめきます。   反射光程度の明るさでも十分に、 ...

原種のペラルゴニウム ゾナレの花です。

ペラルゴニウム 植物

ペラルゴニウム ゾナレ 「ゼラニウム」の始祖の1つ。ついでにゼラニウムについても解説してみました。

2019/3/15    , , ,

どもども~(^^)v 「ゼラニウム」を遡っていくと到達する1つのペラルゴニウム・ゾナレ(Pelargonium zonale)についてになります。 元々ゼラニウムと呼ばれるモノはゾナレとインクイナンス ...

スポンサーリンク

ダシリリオン 植物

ダシリリオン グラウコフィルム 青白く細長い葉がカッコイイ。暑さ寒さに強く水やりもそれほど必要ありません。

どもども~(^^)v 水やり 青白く3cmほどの幅の細長い葉のダシリリオンです。 グラウコフィルムやグラウコフィラムと呼ばれています。 たぶんローマ字っぽい読み方をするラテン語の読み方のグラウコフィル ...

ユーカリ 植物

レインボーユーカリ ちょっと待って!育てるのに気をつけるべき4つのこと。

どもども~(^^)v 大きく育つにつれ幹の皮が剥がれ様々な色が幹肌に現れるちょっと変わったユーカリ、通称レインボーユーカリについてです。 苗が流通するようになってきましたが、育てるのにあまり知られてい ...

Lobelia laxiflora ssp. angustifolia の花です。

ロベリア 植物

ロベリア ラクシフローラ 花びらが耳のように裂けてはねます。硬い茎が赤黒くロベリア感は皆無です。いかにも原種なワイルドさが良い!

どもども~(^^)v オレンジが入り鮮やかな赤花で草丈が1m以上に育ち、花の形は「ロベリア感」がまったくないロベリアです。 茎が赤黒く細長い葉の縁がギザギザでやや赤みがかり、園芸種にはない原種特有の「 ...

スポンサーリンク

agastache nepetoides アガスターシェ ネペトイデス の花です。

アガスターシェ 植物

アガスターシェ ネペトイデス イエロージャイアント ヒソップと呼ばれますが白花です。切り戻しや育て方などを。

2019/3/4    , ,

どもども~(^^)v 比較的に大型のアガスターシェ(アガスタチェ)・ネペトイデスについてです。 花は緑がかった薄い黄色と形容されることがあるようでうすが、限りなく白っぽい白花です。葉はどことなく野性味 ...

アムステルダムで見たヘラオオバコ。

オオバコ 植物

ヘラオオバコですがプランタゴ・ランセオラタと書くとカッコイイ響きですが雑草です。あまりオオバコ感がなく違って見えますが。

2018/12/26    , , ,

どもども~(^^)v 「雑草だけど個性的でどこかカッコイイ」と思える筆頭に挙げられそうな「雑草」です。 学名はプランタゴ・ランセオラタ、和名はヘラオオバコ、どちらも聴き慣れない名称だと思います。 しか ...

エキウム・ブルガレの花です。

エキウム 植物

エキウム・ブルガレ 和名はシベナガムラサキ。濃いめの青花が綺麗です。こぼれ種でよく増えます。

2018/11/4    , ,

どもども~(^^)v 意外に「隠れファン」の多いエキウムですが、流通量が少いこともあり耐寒性や雨の多い日本の夏や高温多湿が心配でいまだ手を出していないという人でも、比較的に育てやすいのがこのブルガレで ...

スポンサーリンク

オキザリス 孔雀の舞 の冬の葉の色です。冬季はこのような姿です。

オキザリス 植物

オキザリス・パルミフロンス(Oxalis palmifrons) 和名は孔雀の舞です。めったに咲かない花が咲きました。白花でした。

2018/10/30    , , ,

どもども~(^^)v 孔雀の舞という和名の通りに寒さにあたると葉色が独特な色に変わる面白いオキザリス・パルミフロンスについてです。 どういう繋がりかわかりませんが、このオキザリスはなぜか多肉植物好きな ...

フユヅタが開花している様子です。

ヘデラ 植物

フユヅタと呼ばれる常緑のキヅタについて。ヘデラ・ロンベアと呼ばれていて日本国内にも分布してます。

どもども~(^^)v 常緑のツタ、キヅタについての内容になります。ヘデラの仲間ですが、原産の中心は東アジアで日本にも自生している種類になります。 フユヅタと呼ばれるのは冬の間でも落葉せずに常緑だからで ...

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2019 All Rights Reserved.