(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎が植物のことを中心に綴ってます。

ショウタロウブログ

切り花に使える

育てやすいバンクシア スピヌローサ

バンクシア 植物

ヘアピンと呼ばれるバンクシア スピヌローサ 細葉で寒さにもそこそこ強く、育てやすいです。

どもども~(^^)v ヘアピンバンクシアと呼ばれるバンクシア・スピヌローサ(Banksia spinulosa)についてです。 スピヌローサは無数の細葉が特徴のバンクシアである程度育った株を遠くから見 ...

トリフォリウム 植物

トリフォリウム フロスティーフェザーズ 白く長細い穂状の花のクローバーです。

どもども~(^^)v トリフォリウム・ルベンス ’フロスティフェザーズ’(Trifolium rubens 'Frosty Fethers')とやや長い名称ですが、クローバーの仲間というか親戚的な立ち ...

スポンサーリンク

エリンジウム プラナムとオルレヤ

エリンジウム 植物

エリンジウム プラナム 育て方。夏越しは簡単。根腐れと株の蒸れだけ気をつけよう。

どもども~(^^)v 切り花、ドライフラワー、ガーデニングと人気のあるエリンジウム・プラナム(Eryngium planum)ですが、   何度植えても夏を越せずに枯れるのだけどなんで? & ...

エリンジウム 植物

エリンジウム・マリティマム 種まきから5年の記録です。白い人工物的な葉。嫌いな人はいないでしょう。

どもども~(^^)v エリンジウム(エリンジューム)・マリティマムについての実生(種まき)から開花までをまとめました。 葉の色や形など人工物っぽく見える自然の芸術品と言っても良いかと思います。 &nb ...

ラシルス・ベリネンシス 原種のスイートピーです。

スイートピー 植物

ラシルス ベリネンシス 黄色とオレンジ色の2色の花色の原種スイートピーです。つるは出ますがあまり絡みつきません。

どもども~(^^)v 黄色とオレンジ色の2色の花弁の原種のスイートピー、ラシルス・ベリネンシス(Lathyrus belinensis)についてになります。 それほど馴染みのないのない植物ではないでし ...

スポンサーリンク

宿根フロックス ミスティックグリーンのつぼみと花です。

フロックス 植物

宿根フロックス ミスティックグリーン 赤黒く細長いつぼみも良い。パニキュラータ系の宿根フロックスです。

どもども~(^^)v 黒く細長いつぼみが渋く 咲いていない状態が好き! と言わしめる宿根フロックスのミスティックグリーンです。切り花としても開花していない状態で流通しているようです。 葉の色も黒っぽく ...

バンクシア エリキフォリア (エリシフォリア) ヒースバンクシアの花です。

バンクシア 植物

バンクシア エリキフォリア (エリシフォリア) ヒースバンクシアとも呼ばれています。育て方・耐暑性・耐寒性、肥料などについて。

どもども~(^^)v エリカのような葉を持つことからヒースバンクシアという英名があるバンクシア・エリキフォリア(エリシフォリアと呼ぶ人もいます)についてです。 記事内にリンクを貼りましたが大まかな説明 ...

クロコスミア 植物

クロコスミア ルシファー スカーレット・レッドな花色(要するに赤花)が見事です。球根の掘り起こしをしなくても基本的に放置でOKです。

どもども~(^^)v スカーレット・レッド(赤色の一種類です)と称される花色に魅せられるクロコスミア ルシファー についてです。 多くのクロコスミアと同じように「寒さに強く多少湿り気のある場所でも腐ら ...

スポンサーリンク

ヘデラ・ヘリックスが群生している様子。花芽付き。

ヘデラ 植物

ヘデラ・ヘリックス (セイヨウキヅタ) アイビーと呼ばれるものはほぼこれの種類です。特徴や育て方などをまとめました。

どもども~(^^)v 園芸する人は必ず通っているであろう、通称「アイビー」と呼ばれるヘデラ・ヘリックスについての内容になります。 ガーデニング好きな方は寄せ植えなど和名のセイヨウキヅタという呼ばれるよ ...

アムステルダムの中央駅とシレネ・ラティフォリア。

シレネ 植物

シレネ ラティフォリア (別名:ホワイトキャンピオン)について。基本的に放置でOKですが、育て方などを少し掘り下げました。

どもども~(^^)v 英名でホワイトキャンピオン(White Campion)と呼ばれていますがCampionがどういう意味か調べましたら単純に同じナデシコ科の「センノウ」という意味でした。ホワイトキ ...

Copyright© ショウタロウブログ , 2019 All Rights Reserved.