"/>

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

Webshopあります。

Webshopはこちら→



思い出し旅行2002

思い出し旅行2002 ~アフリカ大陸縦断 エチオピア編 その1~

更新日:

 

どもども~(^^)v

本日は「思い出し旅行2002」の日でございます。

今回からエチオピア編です。前回は、

エチオピア、エリトリアへの往来として拠点となるスーダンのゲダレフという町に到着し、気温が35℃になりやや下がりいざ国境へ。国境への道中で気が付かなかったが実は2000mを越えている場所まで上がってきて数日で40℃越えの環境から長袖が必須の場所に移ってしまっていた

といった内容でしたかね(;^_^A

一応前回の内容はこちら→ スーダン その8

登場人物

・Kさん(男)・・・関西出身。当時26歳。知り合った時点で96ケ国制覇。見た目は元サッカー日本代表の岡田監督。アジア大陸横断、アメリカ大陸縦断経験者。

Eちゃん(女)・・・九州出身。当時26歳。看護師。バングラデシュのよくわからない村に1ケ月1人で生活していたという強者。アジア大陸横断済み。

Nさん(女)・・・日系ブラジル人。当時50代。関東に出稼ぎに来てブラジル人男性と結婚し離婚。この旅行はブラジルに帰るために上海から陸路で南アフリカまで行って、そこから飛行機に乗って帰国するついで。日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語が話せる。

・僕・・・当時21歳。大学休学中(4年生)。月300時間というバイト生活6カ月を経て一旦アイルランドへ。3カ月アイルランドで飲んだくれた後にエチオピアの国境の町からケニアの首都のナイロビまでの約1000kmの野生動物いっぱいの道なき道をヒッチハイクで駆け抜けたい!という理由だけでアフリカ大陸の縦断を決行中。

エチオピアの国旗
By Drawn by User:SKopp - http://www.ethiopar.net/type/Amharic/hopre/bills/1998/654.ae..pdf, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=343048

エチオピア連邦民主共和国、通称エチオピアは、東アフリカに位置する連邦共和制国家である。東をソマリア、南をケニア、西を南スーダン、北西をスーダン、北をエリトリア、北東をジブチに囲まれた内陸国。隣国エリトリアは1991年にエチオピアから分離した国家である。首都はアディスアベバ。 ウィキペディア

 
人口9410万 (2013年) 世界銀行
通貨ブル
公用語アムハラ語
政治体制連邦共和国、 議会制共和国

スポンサードリンク 

国境の町・メテマ

引用元:http://jammin.smugmug.com/Africa/11-06-22-Ethiopia/i-nqJm7qG/0/L/Ethiopia0014-L.jpg

スーダンを出国した時がすでに夕方だったということで国境の町・メテマ(Metema)で1泊することに。メテマは上の画像のように大型のトラックが2台通れるほどの広さの1本道しかない町でその両脇に露店が並んでいる所でした。

宿探し

「アフリカ・南米病」というのでしょうかねぇ~

「もう辺りは真っ暗だったので早く宿を見つけないと!」

と国境を越える少し前から皆で話していたのですが、暗くなる=治安が悪化するということが常に頭の中にあるのでやや焦りながらも(治安について)、ガバガバで形式的な入国審査を終え国境をくぐると、

ん?なんかお祭りな様子?

というくらいが賑わっていて人に聞いてみるといつもこんな感じだよ~と。経験豊かなKさんやEちゃんは町の雰囲気的に「油断はしてはいけないけど、たぶんここは治安は悪くない」とたくさんの客引きに声を掛けられながら言い、なんとなく僕もそう感じていました。

そしてモメます

それで「話のわかる」一人の客引きがいて、

 

「オレの紹介する宿はテント泊ができるぜっ!朝食も付くよ!」

 

と気前の良いことを言うので値段も聞くと安くそこにしよう!みんなで決めて、なんせ僕はテントを持っていたので少しでも出費は抑えたかったので助かった!しかも朝食付き!

ということでそこのホテルに行ったら宿主が

「部屋泊は1晩¥150、テント泊は¥250だぞ」

のような聞いていた話とまったく違う話をしたのでちょっと頭にきてしまって(まぁ若かったデス、ハイorz)、

 

「オメー聞いてる話と違うじゃねーか!もうここには泊まらない!」

 

と僕はブチ切れしてしまい・・・いま思い返すとアフリカ旅行の早い段階でどうしてもテントを張りたかった気持ちが強く、しかもなんで部屋泊よりも値段が高いのが納得いかなく・・・・orz いま思い返すと「あああ!!!」となる僕の黒歴史デス、ハイ(-_-;)

なんとしてでもテントを!

いま思うと団体行動を乱し、とんでもなく恥ずかしい話なんですが他の3人には明日の朝落ち合う場所を決めて一旦別れまして僕はどこかテントを張れる場所を探しにウロウロし・・・

少し町から離れた場所で辺りに民家とかない場所を見つけたのでそこでテントを張っていたら1人の老人から声をかけられ・・・現地語のアムハラ語だったのでまったく訳がわからなかったのお互い困っていたらその老人の孫?らしいとても英語の上手い中学生くらいの子供がやってきて、

「この道の先には盗賊の村があるからこの先は危険だよ!よかったら僕らのウチに泊まりなよ!」

と誘ってくれ・・・家にも行ったのですが、どうしても僕としては

 

テント泊をしないとなんか負けた気になる!!!

 

なんの価値もないつまらない意地があり・・・えぇ、小さい男です(-_-;)

しっかしドラクエとかゲームとか小説以外で「盗賊の村」という言葉を目の当たりにするとは思いませんでしたが(゜_゜)

スポンサードリンク 

道端でテントを張りました

で、元の道端に戻りテントを張り寝たんですが時折

「ガサガサ・・・・」

とか

「ザッザッ・・・」

とか外から聞こえるんですよ・・・・(-.-)

んで恐る恐る武器になりそうなモノ、テントを張る時の鈍器とかを持って外に出てみると

 

野良牛

 

ですわ笑 「おー流石はアフリカーわかってるぅー」とか思いつつ辺りを見たら

 

僕のテントのすぐ脇に持ち運びができるベッドっぽいモノにさっきの老人と孫が寝てて・・・

 

たぶん盗賊が襲ってきたり野良牛やら他の野生動物が来たりした時に追い払ったりするために僕を見守っててくれたんでしょうね・・・・もうね、この光景を見てなんとも自分が情けなく申し訳ないことをしたと思いまったく見ず知らずの外国人のためにここまでしてくれるのかと。でもホントにありがたかった。

早朝起きてテントをたたんでからお金を渡すのは礼儀に反すると思ったので、中学生にはジュースを老人には飲むかどうかわからなかったですがビールを買って渡してみんなと合流しました。

次の目的地の古都・ゴンダールへの道中は早朝出発ということもありしかもむっちゃ気疲れをしていたので、移動中は爆睡でした(-_-;)

次回は

と今回はここまでで・・・

次回は、

古都・ゴンダールの模様、高山病になりかけてけっこう苦しむ!

といった内容になります。

スポンサードリンク 

 

どんな宿に泊まっていたかという質問を頂いたので

それで先日ですが僕が泊まっていた宿について質問を頂きまして・・・

いままであまり泊まる宿のことについて書いないのは「画像がない」ことが一番の理由でして・・・たとえなんでも発見できるネット社会になっても・・・上の国境の町・メテマのように観光地ではないところはなおさらアフリカ大陸全般でも世界規模で旅行者が圧倒的に少ないため、

たとえ下記のような超大手ホテルサイトにだって

載ってなく・・・ハハハ(^^;)

試しにエチオピアの首都の「アディスアベバ」で検索したらいくつかヒットしましたが・・・orz

というか上のような大手ホテルサイトに掲載されている所に泊まるようになったのは働き始めてからということもあり・・・

まぁしょうがないですよね・・・・1泊¥150とかの世界ですからねぇ(-_-;)

そのため宿名を覚えているところ、1泊しかしてないですがナイロビの「New Kenya Lodge ニューケニアロッジ」のように今後書いていきます。

何かの参考になれば、と思います。

ではでは~(^^)v

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-思い出し旅行2002
-,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.