(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

Webshopあります。

Webshopはこちら→



思い出し旅行2002

思い出し旅行2002 ~アフリカ大陸縦断 ケニア編 その6~

投稿日:

どもども~(^^)v

本日は「思い出し旅行2002」の日でございます。

前回は、

野生動物を見に行く「サファリツアー」でマサイマラ国立公園へ。サイやカバ、アフリカゾウ、チーターなどなどを見ました。またマサイ族の人とも直に触れ合ったり。あと2002年当時はネットができる環境が東アフリカでは少なかった

といった内容でしたかね(;^_^A

一応前回の内容はこちら→ ケニア編 その5

登場人物

・Kさん(男)・・・関西出身。当時26歳。知り合った時点で96ケ国制覇。見た目は元サッカー日本代表の岡田監督。アジア大陸横断、アメリカ大陸縦断経験者。エチオピアで負傷したキズはナイロビで治療。

Eちゃん(女)・・・九州出身。当時26歳。看護師。バングラデシュのよくわからない村に1ケ月1人で生活していたという強者。アジア大陸横断済み。

Nさん(女)・・・日系ブラジル人。当時50代。関東に出稼ぎに来てブラジル人男性と結婚し離婚。この旅行はブラジルに帰るために上海から陸路で南アフリカまで行って、そこから飛行機に乗って帰国するついで。日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語が話せる。

・僕・・・当時21歳。大学休学中(4年生)。月300時間というバイト生活6カ月を経て一旦アイルランドへ。3カ月アイルランドで飲んだくれた後にエチオピアの国境の町からケニアの首都のナイロビまでの約1000kmの野生動物いっぱいの道なき道をヒッチハイクで駆け抜けたい!という理由だけでアフリカ大陸の縦断を決行中。

 
 
ケニア共和国について
通称ケニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。北にエチオピア、北西に南スーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接し、南東はインド洋に面する。首都はナイロビ。 首都ナイロビには国際連合環境計画、国際連合人間居住計画の本部がある。 ウィキペディア
 
通貨ケニア・シリング
人口4435万 (2013年) 世界銀行
公用語スワヒリ語、 英語

スポンサードリンク

 

サファリツアーから戻ってきて

2泊3日のサファリツアーからナイロビの旅行代理店兼寝床に戻ってきてからは治安の悪いナイロビと言えど他の首都よりも施設的な面でもその他の面でも充実しており、結局2週間ほど滞在してしまいまして・・・・

その間に次の国に行く準備や写真の現像、郵便事情も良いとの話だったのでいらない荷物を日本に送ったしてました。

ビザ申請

東アフリカの玄関口と呼ばれるだけあって世界各国の大使館があったため、ナイロビで一気に今後入国する際に取得しておかなければならないビザを申請しておこうということになりましてね。

基本的に外国に入国する際はパスポートだけで良いのですが、国家間同士での交流が少なかったりまったくない場合や国際的に信用されていない国からや国への渡航の場合は受け入れ国側から身元確認や渡航目的の意味もあり「審査」みたいなモノを受ける必要があります。

また申請先の国から「レター」と呼ばれる日本大使館から「身元確認証のような紙」の添付を求めらることがあります。2001年にヨルダンからシリアに入国した際にシリア側から僕はこの「レター」の提示を求められたことがあります。

申請した国や大使館ごとに申請してからビザ取得までに必要な時間はまちまちですが、たいてい2日ほどでよほどのことがない限りビザが降ります。長い場合は1週間以上かかることも。イランのビザは時間がかかることで有名ですね(^^)

そしてさらに申請した国や大使館、国籍でビザの代金が違うことも・・・・いまいちこれが解せないんですが・・・・( 一一) 〇〇国だと10ドルだけど△△国だと30ドルなんてことも。

しかしながら日本国籍を有している人が他の国に行く場合はほとんどビザ取得というモノには必要ありません(就労や留学は別)。でもそんな日本国籍を持つ人でもアフリカ諸国のほとんどの国に入国する際にはビザを取得して国境を通過しないといけません。

僕らはナイロビでは隣国のウガンダとルワンダのビザを申請しに行きました。

ウダンダビザ

在ケニア・ウガンダ大使館は人がどういう訳かごった返してましたが、外国人(彼ら目線)がいるとわかるとなるとすぐに窓口を開けてくださり丁寧に申請書をくれ、そのまま代金とパスポートを渡し一言二言会話して終了(^^;) 

「明日パスポートを取りに来てください~(^^)/」

と陽気に言われすぐ終了 笑。

スポンサードリンク

ルワンダビザ

続いてルワンダのビザ。ウガンダ大使館でパスポートを受け取ったその日にルワンダ大使館に直行。

ちなみに1999年までかの有名な「ルワンダ大虐殺」があり2002年でも外務省が定期的にアナウンスされる4段階の「海外安全情報」では2番目に危険な「渡航中止勧告」が出てました。

それでもルワンダの隣国のウガンダではルワンダのビザが降りていたという情報を得ていたのと、現地の情勢は落ち着いていて内乱は完全に治まっているとの情報も得ていたので、まぁビザは降りるであろうと踏んでいました。

そしてルワンダ大使館に行くとまさかの「レターの添付」を求められまして・・・(+_+)

「まじかぁ~」というリアクションをKさんと 笑。

それで日本大使館に行き事情を話すと大使館員の方からは「何を考えてるの?レターなんて出すわけないでしょ」くらい言われました(^^;)それもそのはず。「渡航中止」とさらにその上の「退避勧告」が出ている地域にはまず日本大使館が前向きに入国を許可させる訳がなく・・・・

と、日本大使館を出て96ケ国制覇のKさんが「もう一度ルワンダ大使館に行ってみるか」と(・・;)

で、事情を話に再度ルワンダ大使館へ。「こうこうこういう訳でレターがないんだけ・・・ダメ」と伝えると、窓口の人が一枚の紙を出してきて

「誓約書と日本国内での住所を書いて」

と。

マジかーーーー!!!!!

と思いながら簡単に

「不法労働目的や盗掘など違法行為のための渡航ではなくあくまで観光目的です」

と一筆しサインしたら、

「明日ビザが降りるからまた取りに来てね(ニッコリ)」

と窓口の女性(^^)/

で次の日にルワンダ大使館に行きパスポートを受け取りにきた旨を伝えると

「あなたたち、情勢が安定したこの数年間で在ケニア・ルワンダ大使館から日本人に観光ビザを出した初めての日本人だよ」

と笑える一言を頂きました(^^;)

ラッキーでした^^

マサイマーケット

引用:kenyanpoet

引用:kenyanpoet

ナイロビではサファリツアーも楽しみでしたが確か毎週火曜日に行われるマサイ族によるフリマのような「マサイマーケット」も楽しみでした。

ナイロビの中心部から歩いて20分ほどでマーケットが催されている場所へは行くことができます。この「マサイマーケット」はケニア各地で開かれているようですがナイロビのモノが一番規模が大きいようです。

画像にあるように色鮮やかな生地や布から木製のキリン(高さ1m以上!)の像、ツチブタの皮で作った財布やサンダル、もちろん飲食のお店もあったりと目新しさもありましたが、朝9時くらいから午後3時になってもまったく飽きずすっごい楽しかったですね(^^)

写真があれば良いのですが・・・・なんせこの場所もあまり治安の良い場所とは言えず・・・( 一一)

楽しい楽しい、と言いながらも

ずっと付きまとわれたり出展者と話していても横やりを入れる輩、何かと理由を付けて人気のないところに引き込もうとする輩がいます

こういった輩に慣れてない人は、こちらに行くなら一人ではなく複数で行った方が良いかも。テンションが上がって手一杯買い込み意気揚々と宿まで帰ろうとすると、その途中で強盗に合うこともよくあるので極力注意してくださいね(^-^;

マサイマーケットの他の画像はこちらで→ Google画像

次回は

さて次回は

ケニアを後にしていざウガンダへ~(^^)

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク




スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ショウタロウ

巨大NGOの下部組織で事務職という名の雑用をこなした後に、まったくの未知の業種だった園芸を知識、経験、そして資金もほぼ0の状態から始めた元バックパッカーです。

⇒もう少し詳しいプロフィールはこちら

-思い出し旅行2002
-,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.