"/>

(元)バックパッカーな園芸家・伊藤章太郎がとりあえず植物のことを中心に、それと昔の旅行記のこととか綴ってます。

(新)ショウタロウブログ

Webshopあります。

Webshopはこちら→



思い出し旅行2002

思い出し旅行2002 ~アフリカ大陸縦断 ケニア編 その2~

投稿日:

どもども~(^^)v

本日は「思い出し旅行2002」の日でございます。

前回は、

道なき道をヒッチハイクした大型の家畜運搬用のトラックの荷台に乗り込み(僕らのトラックは牛が30頭ほど積んでありました)ケニアの首都・ナイロビに向けて出発。道中は対ゲリラ用のケニア軍レンジャーが途中まで同乗してました。トラックには僕らを含めて牛使いやソマリア難民、よくわからない人など12人でエチオピアの国境を越えたのでした。

といった内容でしたかね(;^_^A

一応前回の内容はこちら→ ケニア編 その1

登場人物

・Kさん(男)・・・関西出身。当時26歳。知り合った時点で96ケ国制覇。見た目は元サッカー日本代表の岡田監督。アジア大陸横断、アメリカ大陸縦断経験者。※エチオピアのヤベロという都市で3mほどの深さの水路に落ちただいま負傷中 詳しくはこちらで→ エチオピア編 その8

Eちゃん(女)・・・九州出身。当時26歳。看護師。バングラデシュのよくわからない村に1ケ月1人で生活していたという強者。アジア大陸横断済み。

Nさん(女)・・・日系ブラジル人。当時50代。関東に出稼ぎに来てブラジル人男性と結婚し離婚。この旅行はブラジルに帰るために上海から陸路で南アフリカまで行って、そこから飛行機に乗って帰国するついで。日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語が話せる。

・僕・・・当時21歳。大学休学中(4年生)。月300時間というバイト生活6カ月を経て一旦アイルランドへ。3カ月アイルランドで飲んだくれた後にエチオピアの国境の町からケニアの首都のナイロビまでの約1000kmの野生動物いっぱいの道なき道をヒッチハイクで駆け抜けたい!という理由だけでアフリカ大陸の縦断を決行中。

 
 
ケニア共和国について
通称ケニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。北にエチオピア、北西に南スーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接し、南東はインド洋に面する。首都はナイロビ。 首都ナイロビには国際連合環境計画、国際連合人間居住計画の本部がある。 ウィキペディア
 
通貨ケニア・シリング
人口4435万 (2013年) 世界銀行
公用語スワヒリ語、 英語

 

スポンサードリンク

座席の下には牛、辺りには色んな野生動物が

レンジャーが降りた場所

エチオピア国境を出て数時間走るとレンジャーの詰め所のようなところがあり、そこでレンジャーは降りていきました。「え?ってか全然走ってないけど大丈夫なん???」と思わず聞いてしまいましたが、レンジャー曰くここから先はゲリラはいままで出てきてない所だから問題ないよ、と。その「問題ない」基準がまったくわからないのですが・・・・

しかしながら今思い返すとレンジャーが同乗していた地域は比較的に高木とまではいかないながらも、2~3mの人間の背丈より少し高い低木が延々と茂っているようなところで、レンジャーが降りてからの景色はどちらかと言うと「サバンナ気候」に差し掛かってきたせいか、木が少なくなり辺りが見渡せるような景色になってきた印象は当時持ちました。

野生動物がいっぱい

トラックが出発してからすぐになんとなく「ジ~ン」と感極まってしまいましてね・・・というのもアフリカ大陸縦断の第一目的は登場人物欄に書いてありますが、

エチオピアの国境の町からケニアの首都のナイロビまでの約1000kmの野生動物いっぱいの道なき道をヒッチハイクで駆け抜けたい!という理由だけでアフリカ大陸の縦断を決行中。

といよいよ望んだ体験ができる!となりましたので(^^) 走り出して30分もしない内に人のいる気配はまったくなくなり、むしろドデカいトラックが砂煙をまき散らして爆音を鳴らして走っている光景に違和感を感じるくらい何もなくなりあるのは低木の密林と呼べるような光景が眼下に広がり・・・

と、道端に鳥の群れが。

 

美味いらしいホロホロチョウ

 

数十羽固まっていて、もう何を見るも興味津々だったのでレンジャーに「アレ何?」と聞いてみると「あ~あのトリはホロホロチョウと言うんだよ~美味いんだぞ~」とニッコリ(^^) 遠目からでも色鮮やかとわかりましたが、とても美味しそうなビジュアルでは・・・と(-_-;)

しかもホロホロチョウはあまり飛ぶことがないのかトラックが近寄っても走って逃げるばっかでトラックにひかれるかひかれないかくらいの距離でようやく飛びたつという・・・しかもトラックの運ちゃんも一切減速をせずに進むので「あ!いまひいたorz」ということが何回も・・・・僕はトラックの荷台にいたため後ろを見るとやはりペチャンコになったホロホロチョウが・・・orz また、すでにひかれてハイエナ的な動物が群がって光景を見たり(もちろん運ちゃんは動物たちのお食事中にも関わらず減速せずに突っ込みます)。

あと、感激したのはキリンね。牛使いが「おい、アレ見ろよ」と指を射してくれた方に目を向けるとのそっのそっと歩いているキリンが!!!「おーキリン!」と言うと牛使いの1人が運ちゃんに合図してくれてここでは減速してくれたのですが歩いているのは見られましたが、キリンがこちらに気が付くと逃げるように走りだして「アッ」という間に姿を見ることができないくらい遠くに・・・・キリンって走るのむっちゃ速いです。この時に牛使いが

「キリンの脚力はハンパないから人間の頭なんか簡単に吹っ飛ぶぞ 笑。足も速いし気を付けろよ!」

と教えてくれました(゜_゜) 日本人の僕にとっては一生気を付けることはないでしょうが。

スポンサードリンク

休みなく走り続けるトラック!

確か国境を朝8時くらいに出て途中まともなご飯休憩もなく、1度だけ1時間くらい運ちゃんの仮眠タイムがありましたがとにかく煙を巻き上げ爆走し続け太陽も沈み真っ暗になっても道なき道を進み砂、確か22時くらいだったとかなぁ~遠くの方に明かりが見えてきて、なんとなく「今夜はあそこで泊まるんだろうな」と思っていたらそうでした。

辺りが真っ暗でどんな所かまったくわかりませんでしたが、わかったのは辺りには何もないことと大型トラックがたくさんあったので「バスターミナル」的な広場なんだろうな、と。もちろん舗装はされていません。

しかしながらここはアフリカの大地。電気はないのでたき火やトラックの明かりが頼りで、文字通り「一寸先は闇」。牛使いからは

「明るい所だけで行動しろよー暗い所に行くと襲われるし喰われるぞー」

とアフリカン・ジョークなのかリアルな話なのかよくわかりませんでしたが(;^_^A この日は道端にいくつも引いてあるゴザの上に横になって就寝。もちろん屋外です。建物はなかったので。次の日は早朝4時に出発。暗い時間に着いて暗い時間に出発という超強硬スケジュール。

どこに行くの???

とてもシャイだったこの同乗者の方。突然降りて向かった先は・・・。

 

そうそう上の写真の方ですが、背景に写っているような荷台に立って辺りも人工物が一切見えないところでいきなりトラックを止め荷物をまとめておりようとするので「え、何?どうしたの?」と聞くと返ってきた答えにビックリ!

「この先に自分の住む村があるんだー」

え?え?え?村?周りに何もないじゃん、というか木ばっかじゃん・・・ってかキリンに注意とか言ってたじゃん・・・

「ここから3時間くらい歩くと村があるんだ。じゃあね(^^)/」

と言いトラックから降り一人藪と言うのか林と言うのかとにかく消えていきました・・・・テレビでよく見た系の出来事がまさか自分が体験することになるとは・・・・ハハハ(;^_^A 

その後、この日のお昼くらいにようやく町と呼べるガリッサという町に着きました。電気がありました(^^;) ガリッサでは食事をしただけですぐにナイロビに向かいました。ナイロビまではあと数時間!!!もうこのころには荷台に揺られまくりお尻は痛く座っているだけで苦痛を感じるほどでしたので、早くナイロビに着いてほしい気分でした((+_+))

では次回は

それでは次回は

東アフリカの玄関口であるケニアの首都・ナイロビに到着です。世界屈指の治安が悪い都市に到着です。

ではでは~(^^)v

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

ではでは~(^^)v

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-思い出し旅行2002
-,

Copyright© (新)ショウタロウブログ , 2017 All Rights Reserved.